藁をもすがる気持ちでスクールにきました

  • k.a
  • k.a

k.a

美容室難民…・キューティクルもボロボロだったときに

藁をもすがる気持ちでschoolに来店しました。

今では納得のサラサラヘアー☆彡になれました

髪のことをたくさん教えていただけるので

いつも来店する日が楽しみです。

ありがとうございます

k、A様さまいつもご来店ありがとうございます。

初めてご来店いただいてから1.5~2か月のペースで

ご来店いただいています。

初回ご来店時の髪のカウンセリングをさせていただいた際のお悩み

パサつく

キューティクルがボロボロ

まとまらない

枝毛

が主なお悩み。

インナーカラーやカラーによって髪のツヤを保てる限界値をこえた

状態でした。

でも、生えてきてる地毛はとてもツヤがありきれい

なので、

初回はカラーの繰り返しで髪にため込んでしまったダメージの素を取る

2回目からカラー剤の種類を変える

で少しづつ髪本来のツヤやサラサラを取り戻していくことに。

一回目は、残留アルカリや老廃物を無くすことをメインに施術

2回目以降は、カラーチェンジでオシャレや季節を楽しみながら

ダメージを最小限になるように地毛を極力傷めないようにカラー

 

例えば、一本の髪に艶が100あるとして、

一般的なカラーだと1回あたり20の艶が失われるとします。

それがschoolのカラーだと1回あたり5の艶が失われるだけで済む

そうなると、通常のカラー20×5回(カラーの回数)=100

     Schoolのカラー5×5回(カラーの回数)=25

一般的なカラーだと5回やった段階で艶は0になってしまいます。

2か月に一回染める方だとしたら1年もせず艶が無くなることになります

Schoolのカラーだった場合は5回で25だから75艶が残ってることになります。

2か月一回染める場合3年以上は艶が0にはならない計算になります

 

kA様にはこのタイプのカラーで、オシャレも楽しみながら

艶ある髪を継続して頂いてます。

いつもありがとうございます。