ヘアケア

美髪を作るには日々の生活習慣がとても大切

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
美髪を作るには日々の生活習慣がとても大切

今回は綺麗な髪を手に入れるために必要な日頃のお話。

はじめに言っておきますが、良い栄養素だけを取れば髪が増える訳ではありませんので注意してください!

髪に必要な栄養って?

髪に良い栄養素の吸収を良くするための栄養素などバランスよく取る必要があります!

髪に良い食べ物として絶対に取るべきなのは、タンパク質、脂質、糖質、この3つです。。

ていうより人間の健康に置いて必ず必要な栄養素になります。

まずはタンパク質について今回は話していきます。

タンパク質は筋肉、皮膚、内臓、髪の毛、血液など体のあらゆる部分をつくる材料になります。

20種類のアミノ酸がさまざまな形で組み合わさってタンパク質となります。

そのうち体内で十分な量を合成できない9つのアミノ酸を「必須アミノ酸」と言います。

アミノ酸や脂肪、糖を使って体内で合成出来る11種のことを「非必須アミノ酸」と言います。

この必須アミノ酸と非必須アミノ酸の20種類が色々とくっつき合ってタンパク質になるんです。

特に必須アミノ酸は体内で作れないのでしっかりと食生活で撮らないといけません!

人間の体の約20%を占めるタンパク質は筋肉や内臓などの材料、消化器官や脳神経系の機能を調整するホルモンを作ったり、代謝に欠かせない酵素を作ったり、病気と戦う免疫抗体を作ったりとすごく重要な栄養素です。

内臓が弱いと白髪になりやすいと言われているし髪の毛はタンパク質で出来てるし、脳神経の異常でイライラするとストレスで毛が抜けやすくなるし、髪にとってタンパク質がいかに大事か分かると思います。

しかしこんなに大切な栄養素にも関わらず、体の中に貯蔵する仕組みがなく、毎日必要な量をしっかり取らないとタンパク質不足になり、体も髪も疲れた人になってしまいます。

よくプロテインや錠剤やタブレット材など、約10倍のタンパク質だとか書いてあるものを目にしてると思います。10倍とったからしばらくは取らないで良いにはなりません。貯蔵できないわけですから、1日に必要な量以外はすべて体外に出ます。

糖質制限の危険性そもそも糖質というものを正しく理解されていますか?

糖質と言えば、ダイエットの敵だとか病気、メタボリックの素など、悪いもののように考える方が多くいらっしゃいます。

でも糖質は、体にとって最も重要なエネルギー源であることをご存知でしょうか?

糖質は他のどんな栄養素よりも、体を動かしたり頭を使ったりするのに必要なエネルギーを作り出せる優れた栄養素なんです。

運動したり仕事したり、勉強したり、寝るのにだってエネルギーは必要です。

無理な糖質制限をするとエネルギーがなくなり、筋肉や髪、皮膚などになるための大事な別の栄養素をエネルギーとして使うことになるので、筋力がなくなってスタイルが悪くなったり、髪が薄くなったり、肌があれたり、どんどん老化が進行します。

もしそれでも糖質制限にこだわるのであれば、単糖類であるブドウ糖を取ると良いです。飴なんかでも売ってあります。水によく溶け、1番糖質として小さい分子になるので、吸収もよくすぐエネルギーに変わるから、脳の働きを活性化して記憶力や体のだるさをとってくれます。

糖質制限をすると割とすぐに体重が減っていきます。実はそれは体内に蓄積されてる糖質が、体の水分と結合して出てるだけなので、体の水分が不足しえ脱水症になりやすかったり、健康に良くないです。水分が減って痩せてるだけで、体脂肪は一切減ってません。

糖質を制限した生活を続けると確実に頭皮が老化し、髪は薄くなります!

髪のツヤもハリも若さもなくなります!

なってからどうにかするではなく、なる前から正しい知識を知っておくこれが重要です。

気になる方なんでもご相談ください(^-^)

間違ったダイエットや、生活習慣はやめて、髪のためにも体のためにも毎日正しい食生活を心がけましょう

睡眠の重要性(交感神経、副交感神経)

人の体は日中は交感神経が優位に働き活動的になり、夜は副交感神経の働きにより休息に入るように本来はリズムが出来ています。

副交感神経が正常に働いていると、日中疲れた体を修復するために全身に血が巡っていきます。熟睡することにより自己修復が促され、髪や頭皮を育てる組織に十分な血が行き渡り髪が生えます。

しかしスマホを寝る直前までいじったり、お風呂に入らず寝たり、イライラしたままだったり、中途半端な状態のままだと、疲れが取れないどころか、健康な髪も失うことになります、特に寝るギリギリまでのスマホなんかには注意しましょう。

逆に交感神経が優位に働いてる間は体が活発に活動してる、エネルギーを使ってる状態です。エネルギーを消費しているということは体を修復するのとは逆に使ってる状態です。

特に現代社会は常に仕事や家事に追われて、体を酷使してる方が多く、常に交感神経が働いて緊張状態が続く人が多くなっています。

一時期、朝シャンぶーむというものがありました!!

しかしながら、朝シャンの危険性を知らない方は多くいらっしゃいます。

手軽に寝癖が直せるし、今の忙しい世の中でどうしても朝シャンになってしまう方が多いのも理解はしています、ので否定する訳ではなく一意見として、危険性だけは知っておいてもらえれだと思います。

洗髪には頭皮の緊張を緩めて血の巡りを良くする効果があります。

夜寝る前にに洗髪することで、寝ている間に休息のための副交感神経が優位に働くようになり、痛んでいる細胞や弱っているところに血が巡るようになり寝てる間に自己修復に役立ちます。

しかし朝は体が動こうとする交感神経が優位に立っているため自己修復が出来ない状態です。

そのためバリア機能を失った素肌に紫外線や排気ガスとかのダメージの原因をもろに受け、頭皮や髪はどんどん痛んでいきます。

更に、交感神経と副交感神経のバランスもおかしくなることで、汗をかきやすかったり、イライラしたり、体調が悪くなったり、だるくなったりしやすくなります。

たまの朝シャン程度でどうこうの話ではありませんが、毎日の習慣がいかに危険を含んでるかこの事実だけは頭に入れていただければと思います。

体の老化や心のバランスを壊す原因になります。。

出来る限り、交感神経と副交感神経のスイッチを切り替える方法を作ることが大切です。

お風呂に浸かる。頭皮マッサージを寝る前にやる。柔軟運動をする。ゆっくり深呼吸をする。

こういう5分程度の単純な日常の行動が髪を失わないための基礎になることを皆さん頭から忘れないようにしましょう。

毎日の積み重ねがとても大事です!!!

まとめ

・タンパク質をしっかり摂る。

・無理な糖質制限はやらない。

・バランスいい食生活を考える。

・夜お風呂に入る。

・朝シャンをしない。

・適度の運動を心がける

・柔軟や深呼吸でバランスを整える

美髪=インナービューティ

とても大事です。365日の積み重ね。