ヘアケア

紫外線による髪や頭皮への影響って考えたことありますか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
紫外線による髪や頭皮への影響って考えたことありますか?

皆さん紫外線がお肌によくないのはご存知だと思います!

しかし紫外線と一言に言っても、紫外線には種類があるのをご存知でしょうか?

紫外線の種類 

UV-C  強い殺菌作用があり、生体に対する破壊力が強い   オゾン層などで吸収され地表には到達しない

UV-B 殆どは大気層などで吸収されるが、一部は地表は到達し、皮膚や目に有害な影響を与える。太陽からの日射に占める割合(地表に届く割合)は0.5%程度。表皮で大部分が吸収、散乱され真皮までは到達しない。紅斑またはサンバーンと呼ばれ、肌がヒリヒリと赤くなるような炎症を引き起こす。皮膚ガンの原因になるともいわれている。

UV-A 大気による吸収をあまり受けずに地表に到達する。UVBほど有害ではないが、長時間浴びた場合の健康影響が懸念される。たいようからの日射に占める割合は5.6%程度。UVBに比べ皮膚透過性が高く、真皮(皮膚内部)への到達も多い。日焼け後すぐに黒くなる現象(サンタン)を引き起こす。

日本ヘアケアマイスター協会テキスト引用

紫外線には肌に与える影響があります

1。ターンオーバーの不調とメラニン過剰生成

紫外線により細胞がダメージを受けると、基底細胞は早く修復しようとターンオーバーのスピードを早めてしまいます。その結果、多くの未熟な不完全細胞を生み出し、バリア機能や保湿機能が低下します。女性なら、肌のきめこまかさ、化粧ノリ、透明感なんかがなくなります。

2。真皮の繊維質の変性

紫外線は真皮にまで達してダメージは少量でもゆっくりと着実に進んでいきます。弱いダメージでも真皮に蓄積し、しみやたるみとして皮膚に現れます、一度出来たシミシワはそんな簡単に消せません!毎日しっかり紫外線ケアをやりましょう!

紫外線は肌だけではなく、髪にも影響をおよぼす

1。メラニンが分解される。

UVBは髪に含まれるメラニン色素を分解します。その結果、髪の色が抜けて赤茶色になり、弱々しい髪になります。中学生や高校生の外で部活してる子が赤くなって髪が傷むのはこれが原因です。カラーやパーマをされてる方はよりUVBに弱く、退色やパーマの持ちが悪くなったりします。夏やレジャーで出掛けるとすぐ髪色が抜けたり、パサつきが出るのはUVBの影響が大きい。

2。切れ毛、抜け毛も増える。

髪のタンパク質でもある、アミノ酸システイン。紫外線にはアミノ酸システインを分解する力があるので、髪が痛みます。イメージするなら、鎖みたいに髪が一つずつ繋がってるとしたら、鎖の輪っか部分を切り離す力がある感じです。切り離された髪は切れるかもしくは枝毛なんかになってどんどん傷んで行きます。

3。頭皮が痛む。

皆さんお分りでしょうが、頭皮も肌です。紫外線を浴び続けると当然のように肌は痛みます。肌の場合シミやシワになりますが、頭皮の場合は紫外線を浴び続けると、頭皮が炎症を起こし、かゆみや痛み、さらには髪を育てる毛根部分が弱り、しっかりとハリコシのある髪を作れないようになり、薄毛や抜け毛、ダメージしやすい髪しか生えなくなったり、髪の成長の根本に影響を及ぼします。

毎日の紫外線ケアが将来の自分がハゲるか禿げないかに大きく関わってると分かれば、紫外線対策を早急に始めようと思うはず!!!

最近の研究だと紫外線により髪は糖化というのが起こるそうです。

引用-https://www.mylohas.net/2019/04/187934sp_aging_saccharification.html

毎日の積み重ね。見直してみましょう。

 

紫外線の防御指標(SPF ・PA)

SPF …UVB波の防御効果を表す指標。紫外線を浴びた際に発生する肌がヒリヒリと赤くなるような炎症(サンバーン)をどの程度抑制できるか(発生までの時間を何倍に引き伸ばせるか)を表したもの。直射日光を浴びサンバーンが現れるまでが20分とされており、SPF1=20分として計算します。

 PA …UVA波の防御効果を表す指数です。紫外線による皮膚の黒化が起こる原因を防ぎます

日本化粧品工業連合会 を出典元にヘアケアマイスター協会テキストから抜粋

UVケアアイテムを買う時に見かけるこのSPFと PA  それぞれ役割が違うんです。SPF50とSPF 20 のアイテムがあったとします。SPF50×20分=1000分 約16時間     SPF20×20分=6.6時間

数値が高くなると紫外線から守る時間が長くなるのであって、防御の機能は変わりません。数値が高い分効果的だと思って、「数値が高い分少量つけとけば大丈夫だろう」みたいに考える方も多いですが、3000円ぐらいの50を少量使うなら、1000円ぐらいの20のをたっぷりとつける方が効果的です。もちろん数値が高いものをたっぷりが一番ですが(^-^)

 PAにも同じことが言えます。 PA+、 PA++、 PA+++、 PA++++、と4段階ですが、+が多い分「少量でいいや」はやめましょう(^-^)    正しい使用量を守るようにしてください。

髪にオススメのUVアイテム

私自身、ここ数年お世話になっているのが、ナプラから出ているミーファ UVスプレー  髪につけてもパリパリにならず、サイズもコンパクトなので持ち運びも便利。防御の持続時間も長くオススメです。

https://ikedanaoya.com/beauty/post-24283/ 引用 こちらのサイトがとても参考になったので是非みてみて、ご自身にあったアイテムを見つけてみるといいと思います。