ヘアケア

ヘアケア, 未分類

髪が傷みにくくなるアイロンやコテの使い方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
髪が傷みにくくなるアイロンやコテの使い方

アイロンやコテの素材や使用年数が大事

髪の毛を洋服など別の物に置き換えて傷む理由を考えてみる

以前、上記のブログの中で、素材について書いたことがあります。一番最後のほうに書いていますのでご参考に。

アイロンやコテっていっぱい売っていますよね。家電量販店のものから美容室で使うもの、さらにはすごく高価なもの。

安いものだと2000円程度、高いものだと40000円を超えるものまで。これだけの値段の差にはちゃんとした訳があります。

・キューティクルを傷つけない

・熱が均等で過度な熱ダメージから守ってくれる

・毛髪内部の水分量が流失しづらい

・短い時間でもきれなカールやストレートにできる

・仕上がりのツヤが歴然

・低温から高温まで温度調節の幅が利く

・軟かい毛や硬い髪に係わらず巻きやすい

など、値段が高いアイロンやコテにはちゃんとメリットがあります。

自分の髪の質やダメージに合わせた温度設定にする

髪が太い人、細い人、硬い人、柔らかい人、多い人、少ない人、直毛、くせ毛、カラーしてる人、してない人、など、髪の状態は人それぞれ。自分の髪に合った温度設定で使うことが大切です。今から書くのが全てじゃありませんが、温度設定の目安にされてみてください。

160℃~180℃…多くて硬い方、直毛でカラーやパーマをされていない方(カラーなどしてなくても細毛や少ない方は控えましょう)太くてシャワーで髪を濡らしても水を弾いて髪が濡れにくい方。

140℃~160℃…多くて硬くカラーやパーマを1,2回されている方。健康な髪で髪量も普通ぐらいの方。ちょっとくせがある方。量は多いけど梳いたりして毛先は薄くなってる方。髪が柔らかいけど太い方。

120℃~140℃…多くて硬いがパーマやカラーを3、4回以上繰り返してる方。毛先にパサつきや枝毛を感じる方。健康な髪で細毛の方。髪が柔らかい方。

120℃以下…ブリーチや過度なカラーパーマで傷みが激しい方。細毛で1、2回カラーやパーマをしてる方。毛量が軽いのが好きでかなりの量を梳いている方。髪が柔らかくさらにシャワーの水ですぐ濡れる方。

 

これが全てではなく、ある程度の目安で考えてください。ご自身の髪でも根元から生えてきている髪と毛先の髪の毛は傷み方も違います。表面の髪と中の髪も傷み方が違います。傷んでない部分には180℃の熱をあてて大丈夫でも、毛先や表面は温度を低くするなど、工夫してみましょう。

 

コテやアイロン前の洗い流さないトリートメントは適切なものを使う

皆さん髪を傷めないように良かれと思って、コテやアイロン前にトリートメントをつける事も多いかと思います。しかし実は使い方や使う種類によっては逆に髪を傷める可能性があるんです。

ヘアオイルってどれを使っても一緒?

以前のブログも参考までに読んでいただけると嬉しいです。

では、絶対にやっちゃダメなことからお話ししましょう。

濡れたままの髪にアイロンやコテをやる。巻く前にヘアワックスやヘアスプレーをつける。

最近はやりのヘアバームタイプのセット材を巻く前につける

巻く前につけて使い方を間違うと傷みやすいトリートメントになりがちなタイプ

ミストタイプ(霧吹き状)で、着けたらそのまま巻けると書いてあるもの。クリームミルク状でそのまま巻いていいと書いてあるもの。っ子の2タイプは水分を多く含むためつけてそのまま巻くと、ジュっという音がしたり煙がでたりします。髪に水分が残りすぎてる状態にコテやアイロンをすると、そうとう傷みます。もしこのタイプを使ってる方は、つけたら必ずドライヤーで乾かしてから巻くように心がけましょう。

巻く前につけると傷みづらいヘアオイル

巻く前に一番使われているのがヘアオイルかと思いますが、オイルにも傷みにつながりやすいものと、傷みづらいオイルとあります。

オイルの見分け方はそんなに難しくありません。

・髪につけて、手に残ったヘアオイルが水で流しただけで、べたつきが残るか残らないか

確認してみましょう。べたつきが残るタイプは巻いた後につけるほうが良いです。

巻く前につけるならべたつきが残らないタイプにしましょう。

・熱から保護してくれる成分配合かどうか

最近のヘアオイルには、巻く前につけると、熱によるダメージを保護してくれる成分

が入った商品が増えています。熱から保護するものが入ったものを選んでも、べたつきが残る感じがするときは、ヘアオイルをつけたら、ドライヤーで軽く乾かしてから、巻いてみましょう。

ストレートアイロンとコテはどっちが傷むか

ストレートアイロンの場合、両面プレートで髪をはさんで伸ばすために、コテに比べて、

髪に対しての熱のダメージや摩擦は大きくなり傷みやすくなります。

髪質的に硬かったりくせがすごく強い場合には、ストレートアイロンで伸ばさないといけませんが、くせもそんんあ強くなく、ワンカール程度の仕上げにしたい場合は、

コテで挟んでストレートアイロンと同じ要領で滑らすだけでも案外良い感じの

仕上がりになるので試してみてください。

コテのほうが傷みづらいからって、伸びないようなくせを何度も伸ばそうとしてたら、

逆にダメージにつながります。

一回で挟める髪量や温度を試しながら気を付けてみましょう。

 

ヘアケア, 未分類, 髪質改善

高級ドライヤー以外のオススメのドライヤーが知りたい

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
高級ドライヤー以外のオススメのドライヤーが知りたい

最近話題の高級ドライヤー、人気だけど、買う価値有るの?

以前高級ドライヤーについてブログを書きました。

高いドライヤーが良いものだというのは分かったけど。

やっぱりもっとお手頃なドライヤーが欲しい

という相談を多くいただきましたので、今回はお手頃なドライヤーを紹介していこうと思います。

大風量のおすすめドライヤー

https://www.fashionsnap.com/article/2018-01-24/donki-hair-dryer/

前回のブログにも書いてますが、ドンキホーテとテスコムの共同開発のドライヤー

こちらのサイトを引用させていただいてますが、「ドンキホーテ ドライヤー」

と検索すると、ほかにもたくさんのレビューやユーチューブが出てきます。

風量だけならダイソンをもしのぐドライヤーです。

 

https://www.koizumiseiki.jp/knowenjoy/monster/

コイズミのモンスター こちらは正規サイトを張り付けています。

大風量でありながら、髪を傷めづらい高機能ドライヤー。風量2.0と、ダイソンやドン・キホーテに比べるとやや少ないですが。一般的なドライヤーの平均風量1.4に比べると、とてもすぐれたドライヤーです。

https://lp.salonia.jp/sal004.html

サロニアのスピーディーイオンドライヤー。若い方を中心にヘアアイロンやコテで有名なメーカーさんの新商品。デザイン性に優れ、風量やダメージにこだわった高性能ドライヤー。見た目も重視したい方にはおすすめのドライヤー。

 

高級ドライヤーの進化が止まらない

http://www.refa.net/item/refa_beautech_dryer/

美顔器などで有名なリファからついにドライヤー発売されました。現状一般販売はなく、提携のサロンでのみ購入可能なドライヤー。公式サイトを見ていただければ、すごさはわかると思いますが、髪の温度が自動で熱くならないようにしてくれるなんて夢のような高性能。熱によるダメージに圧倒的にこだわり追及しまくった次世代ドライヤー。お値段は高めかもしれませんが、コスパを考えたらむしろ安いぐらいだと思います。

 

https://holisticcures.jp/product/archives/8153

こちらもコテなどで有名なクレイツのホリスティックキュアの最新モデル。既存モデルのモイストとエアリーのどちらも搭載した、ハイクオリティモデル。根元のボリュームを出すために風量や熱量が変わったり、ボリュームを抑えるために水分量を整えたりと、欲しい場所によってモードを切り替えれるとてもいいドライヤー。こちらもお値段はするものだけど、とても買いなアイテムだと思います。

良いドライヤーを使う=髪が修復するわけではない

これもよく相談いただく話なのですが、「美容師さんに髪に良いって薦められて、高いドライヤー買ったけど髪が良くならない」「使うと髪がきれいになると言われて長い時間使ってるのに効果がない」こういうご相談をよくいただきます。

これは美容師側とお客様側の「髪に良い」に認識の差ができてしまっている部分が大きいと思います。

美容師側は、今まで使っている家庭用ドライヤーよりも、早く乾く、熱くない、ダメージしづらい、まとまりよく仕上がる、などをひとまとめに「髪に良い」と説明したとしましょう。

しかし「髪に良い」と一言聞いたお客様は「髪に良い=髪が良くなる」と、捉えてある場合が多く、ここで認識の誤解が生まれてしまっています。これは、美容師が悪いわけでもお客様が悪いわけでもなく、高い買い物だからこそ、お互いがもっと詳しく認識しあう必要があると思います。

 

お客様のご相談で、ヘアビューザー、復元ドライヤー、ホリスティックキュア、この3つを美容室で薦められて買ったけど、使っても使っても髪が修復しない。とこの相談がすごく多いのですが、これがまさに先ほどの認識の誤解が産んだ状態です。

どのドライヤーもどれも、とても優れたもの。一般的なドライヤーよりもはるかに温度は低いし、風量もつよくダメージしづらい。毎日使い続けた場合に、とても傷みづらいドライヤーです。

髪は濡れたままの状態が一番よくありません。なのでドライヤーは必需品。一般的なドライヤーが髪が傷みやすいとして、傷みづらいドライヤーならば、とてもいいドライヤー

髪が修復するわけじゃなく、どれだけ傷めずにきれいに仕上がるかが大切

おすすめドライヤーと高級ドライヤーどっちが良いの?

ここからは、完全に個人の見解ですのでメーカー等の順位をつけるわけじゃありません。

個人的には高級ドライヤーのほうが、風量、滅量、ダメージ軽減、など優れた点がまだまだ多いので、高級ドライヤーのほうがいいと思います。

しかしながら、上記に紹介した、お手頃ドライヤーが劣っているとも思いません。

どこの会社のドライヤーも最近は著しく進化を遂げています。上記のドライヤーも

風量やダメージしづらさから、おすすめにさせていただいています。

高いドライヤーを使う前にドライヤーで髪の仕上がりがどれだけ変わるか試してみたい方は是非使ってみてはいかがでしょうか?

 

ヘアケア, 髪質改善

冬の静電気から髪を守ろう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
冬の静電気から髪を守ろう

髪にとって静電気は天敵

寒い季節になると毎年のように静電気でパチッとなって嫌な思いをされる人は多いです。

この静電気,髪にはすごくダメージになることを皆さん意識したことありますか?

冬は静電気のせいで、枝毛やキレ毛、乾燥によるパサつき,ダメージ

が多くなります。

どうすれば静電気から髪を守れるか考えていきましょう。

静電気が起こりやすい服装の組み合わせは極力避ける

静電気というのは、プラスの電子とマイナスの電子によって起こります。

ウールなどのセーターなどはプラス電子をため込みやすく、

ポリエチレンなどの化繊はマイナス電子をため込みます・。

シャツの上にセーターを合わせる服装や、セーターの上に羽織るアウターが化繊素材だと静電気が起こりやすくなります。

逆に静電気が起こりづらい服装は、プラス電子同士のくみあわせ、マイナス電子同士の組み合わせ

・セーターにマフラーや、綿素材の組み合わせ

・アクリルやナイロン素材の組み合わせ

髪に静電気をため込まないようにする

乾燥によって冬は髪に静電気がたまりやすくなります。これを防ぐには、

髪を乾燥させないこと

そのために気をつけることは、

ヘアオイルなど洗い流さないヘアトリートメントをしっかりつける

寝ぐせは水ではなく、コンディショニングのヘアミストで直す

髪を握ったときに熱いと感じるまでドライヤーをやらない

ヘアアイロンの温度を100℃以下にしてみる

帯電防止剤入りのヘアスプレーを髪につける

などがあります。

ヘアオイル,ヘアトリートメント、ミスト、スプレーなどは成分

や使い方によっては逆に髪を傷めるものも多く存在しますので詳しくはご相談ください

 

洋服に静電気防止スプレーや静電気除去のグッズを使う

最近は静電気対策のグッズが数多く販売されています。

使いやすく手軽にできるものでおすすめは

洋服にするスプレータイプ

です。玄関先で振ったりコンパクトなものなら、バッグに入れて持ち歩くのもいいと思います。

ほかにも、キーホルダータイプ、ブレスレットタイプ、シートタイプなど様々な静電気防止アイテムがあります。

自分が一番使いやすいグッズで静電気から髪を守りましょう。

ヘアケア, 未分類, 薄毛, 髪質改善

髪のうねりとは?髪質改善の施術をする前に、食生活を見直しませんか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
髪のうねりとは?髪質改善の施術をする前に、食生活を見直しませんか?

こういう髪の状態の方は要注意

分け目や生え際に産毛のように細い毛が多くなった方

アホ毛が増えたと感じる方

根本から生えてる髪がうねうねした状態になってる

髪がねじれたような形で生えてくる

手で触ると細かくジリジリとした手触り

頭頂部の地肌がひろがってきている

頭頂部の地肌の色が黄色または茶色っぽい

あきらかに髪の弾力がなくなった

シャンプーすると排水口が詰まるぐらい髪が抜ける

くせ毛とうねりは別もの

くせ毛とうねりを一緒にしていませんか?

くせ毛はその人のもともとの髪質、うねりは年齢や食生活や髪のダメージによって引き起ったものだと考えてください。

くせ毛はほとんどの人が波状に大きく曲がるタイプ。(ごくまれにチュルチュルに強い縮毛タイプの方もいます)

うねりは直毛もくせ毛の人関係なく、生えてきた根本からジリジリした触り心地だったり1本1本がねじれてたりする。

うねり毛にカラーやパーマは髪がすごく傷むから控えたがいい

くせ毛と違って、うねり毛はすごくやっかいです。くせ毛は健康な髪だけど曲がって生えてくるけど、うねり毛は生えてくる段階からすごく傷んでると思っていただければわかりやすいと思います。

うねり毛は髪を濡らしただけでももっと傷んだり、枝毛やキレ毛にすぐなります。ブリーチした髪が根本から生えてる感覚です。

そんな毛にカラーやパーマをやるともっとパサパサ、ちりちり状態になります。自分の髪がくせで広がってるのか、うねりで広がってるのか、まずは美容師さんにしっかり見極めてもらいましょう。

うねる髪は頭皮環境がよければ少なくなる可能性が高い

うねり毛の原因は頭皮状態の不調が考えられます。美容室でやるヘッドスパや育毛メニューも効果的だとは思いますが、まずは体の中から育むことが一番有効的です。

髪の生えるメカニズムとしては、血液が栄養素を運び、それが角質となって表面に伸びてきたものが髪の毛です。爪と一緒です。

生命として生きていく上で髪はあってもなくても死には直結していません。なので、栄養をとっても髪を作るために使われる優先度はとても低くなります。

ということは、不健康な食事、偏った食事などをしていると髪はどんどんとうねりが多くなる可能性が高くなるし、健康的な食事、バランスの取れた食事をしていれば、うねる髪が少なくなる可能性が高くなります。

健康な髪になるための栄養素

【あなたの食生活は大丈夫!?髪はあなたの健康状態】

こちらのブログを読んでいただければ、頭皮や髪に必要な栄養が詳しく書いてあります。

ミネラル、ビタミン、たんぱく質、

体に必要な栄養は、健康な髪を作るうえで欠かせません。

まずは土台を見直して、それプラスアルファの髪質改善を目指しましょう!!

ヘアケア, 未分類

家でやるトリートメントに意味はあるか パート2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
家でやるトリートメントに意味はあるか パート2

前回、トリートメントは家でやって意味があるのかを成分などを説明しながら書いていきました。

 

家でやるトリートメントって意味があるの?

 

お客様から、専門用語が多いし分かり辛い、ブログが長い等のご意見がありましたので、もっと簡単に説明してみたいと思います。

 

健康な髪の毛が100点だとして、ダメージする度に点数が減っていくという考え方

全くダメージしていない髪を100点だとします。そこにカラーやパーマ、縮毛矯正などによってダメージを受けると、どんどん点数が減って、髪は調子が悪くなります。

簡単に考えると、50点以下になってくると髪のパサつきや枝毛などをひどく感じると思ってください。

例えば、通常のヘアカラーが一度で20点、パーマや縮毛矯正は40点減ると考えてみましょう

全体カラー3回もすれば、60点減り、髪は残り40点。

縮毛矯正は一回で40点。あと一回カラーでもしたら、60点減るわけです。

そうすると、どちらも残りの点数 が50点を切ってるので傷みを感じると。。。。。。

こういう感じで、点数で髪を考えましょう。

例1)全体カラーを2回して、毛先の傷みが気になり始めたAさん

全体カラーを2回ということは、40点傷んで、残りが60点の髪になっている。。この40点を擬似的に戻せれば髪の状態は良いように感じれる。とてもシンプル。

自宅で使うトリートメントで一点プラスになるとした場合、40回やったら100点に戻る。理屈だとこうなりますが、実際、毎日やってても全然よくなっていかない。これには、訳があります。

40点傷んでるといっても、例えば、ヒアルロン酸が10点、コラーゲンが10点、ケラチンが10点、キューティクルが10点ずつ傷んでるとしましょう。

Aさんが日々のトリートメントで使ってるのは、ヒアルロン酸配合だったとするとヒアルロン酸は10点なので、毎日使っても最高でもヒアルロン酸部分の10点が増えるだけで残りの別の30点はプラスにはならない訳です。

と、なると、コラーゲン配合やケラチン配合など数種類のトリートメントを用意して使えば残りも増えることになります。

例2)毎日180度のコテやアイロンで髪のスタイリングをして、髪のパサつきが気になり始めたBさん

一日一回のヘアアイロンでの熱で1点傷むとしましょう。毎日だと1ヶ月で30点。熱によるダメージが30点、ヘアアイロンの摩擦ダメージが10点で、計40点傷んでるとします。

コラーゲンやヒアルロン酸はダメージしてないとしましょう。

そうすると、熱ダメージを補修するヒートプロテインやヒートケラチンなど、熱を補修する成分が配合のトリートメントを使うと良いということになります。

逆にコラーゲンやヒアルロン酸配合のトリートメントをやっていても、意味がない、ということになる。

例3)1年前に初めて縮毛矯正をかけて、1ヶ月前にもう一度毛先まで全体に縮毛矯正して、縮毛矯正したのに何故か傷んだcさん

一年前は髪の状態100点の段階から縮毛矯正により40減りながらも癖がなくなりストレートを手に入れたcさん。髪は60点になり、そこからまた約一年

。根元の伸びてきた部分は100点だけど癖がある。縮毛矯正してた部分はまっすぐだけど60点だからちょっとパサつきが気になる。この状態から、全体に縮毛矯正をやってしまったら、それは傷む訳です。

縮毛矯正は40点傷むと仮定してますので、根元は60点でなんとか大丈夫だけど、一回かけてる部分は60点から40点減って、20点になる訳ですから。

今回のケースはまず、全体に縮毛したことがそもそもよくなかった。根元だけ縮毛矯正をかけながら、矯正してる部分はケアをしていれば、傷むことはなかったという事になります

縮毛の施術では、ヒアルロン酸が10点、キューティクルが20点、ケラチンが10点、減ってしまうとするならば、それぞれの点数分補ってあげれば、キレイな状態を持続できるということになります。

 

カラーもパーマも縮毛矯正もしたことないのに、何故か髪が傷んでるDさん

美容室でダメージになるような事もやった事ないし、普段も傷むようなことをやってないはずのDさん。なのに髪が傷んでしまってる。何故でしょう?

それは日常生活の中にも傷む原因があるからです。 紫外線、シャンプー、ドライヤー、ヘアアイロン、摩擦、空気の汚れ、静電気、などいろんなところにダメージの原因は隠れています。それぞれでキューティクルが1ずつ傷むとすると1日でも5〜6ぐらいは傷むことになります。

そこにキューティクルを補修するトリートメントを使っていればいいけど、そうじゃないトリートメントだと、あまり効果が感じれない。ということになります。

 

あくまで例えばの話で髪はもっと複雑

上の方ではあくまで例えばの話で、点数や傷む部分も補う栄養素ももっと複雑です。

アミノ酸や髪の構造は前回のブログを見てください。髪は様々な要因で、色んな部分が傷んでいきます。

1種類だけトリートメントを使うより、3つぐらいのトリートメントを日替わりでまずはやってみてはいかがでしょう?

市販のものは補修成分よりも被膜剤ばかり多く含まれるのが多いので、あまりオススメではありませんが、それでも何種類かを使った方が効果的だと思います。

 

 

ヘアケア, 未分類

家でやるトリートメントって意味があるの?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
家でやるトリートメントって意味があるの?

 まずはトリートメントとコンディショナー、リンスの役割について。。

Google検索をすると色々出ますが、わかりやすくなって文だとこのような説明が出てきます。

トリートメントは“与える”もの、コンディショナーは“整える”もの

1)トリートメント

髪の毛の保湿や、栄養を与えるのが目的です。たんぱく質をはじめとした髪に良い成分が配合されていて、髪のダメージを内側からケアする役割を持ちます。それぞれのメーカーにより、内容成分が異なるので、使うものによって、合う合わないがあります。髪質や状態に合わせて的確に効果を出すために、プロのアドバイスを受けるのがベスト!

2)コンディショナー

髪の毛の表面をコーティングするのが目的です。表面をコーティングすることでキューティクルを守り、髪の指通りがツルツルになります。また、トリートメントで与えた栄養が外に逃げないように守る役割もあります。

3)リンス

コンディショナー同様、髪の毛の表面をコーティングする役割を持ちます。コンディショナーの方がリンスよりも保湿力が高く、表面を整える効果が高いです。

コンディショナーは時間を置いてもまったく意味がありません。

トリートメントとコンディショナー(リンス)は目的と役割が異なります。そして使い方も違います。

トリートメントは髪に栄養を浸透させ、ダメージを内側からケアすることから、つけたあと時間を置いて成分を浸透させる必要があります。

しかし、コンディショナー(リンス)は髪表面を整えるものであり、時間を置いても実は意味がありません。髪になじませたら、洗い流してOKです。

 

と。トリートメントは毛髪内部に、コンディショナーとリンスは毛髪表面に

皆さんも美容師さんから言われたのも含め、ネット情報で目にしたことがあるかと思います。

だからトリートメントは髪の内部を補修するからやったが良いと!

これ、正しいことではあるけど、ただトリートメントをつけるだけじゃ、全然意味ないんですよ!せっかく良いことを時間かけてやるなら、トリートメントをする意味と正しい知識を身につけましょう!

自宅でやるトリートメントで本当に内部補修が出来るのか?

この答えは、ちゃんとしたやり方と物を使えば擬似的には補修出来る

何故こんな言い方なのかと言うと、髪のメカニズムはすごく複雑で、人それぞれ髪質も違うし、カラーやパーマなど人それぞれダメージ要因も違うから。トリートメントって言葉一括りで言うけど、成分が色々あって、自分の髪のダメージ要因に合った物を使えば、効果は絶対に感じることが出来る。

髪の毛はよくタンパク質が大切とかアミノ酸が大切とかいうけど、どうゆうタンパク質があって、どんなアミノ酸が必要かご存知ですか?ヒアルロン酸配合とかプロテイン配合とかコラーゲン配合とか、なんとなくで使ってませんか?

なんとなく使うんじゃなくて、きちんと使えば、擬似的には補修できます

なんで補修ではなく擬似補修なのか?

さっきも書きましたが、髪の毛の構造が複雑すぎるから。

身近で毎日触る髪ですが、これがとても複雑なんです。どれだけ複雑なのかこれから書いてみますんで、それ見たらトリートメントをただ浸けるだけじゃ意味ないのが分かると思います。

毛髪は海苔巻きに例えて解説されることがよくありますが、メデュラ→具、コルテックス→お米、キューティクル→海苔。。。みたいなイメージ。メデュラ0〜5%、コルテックス→85〜90%、キューティクル→10〜15%。

そして上の図の%は髪の毛は80〜85%タンパク質、4.5%メラニン色素、11〜13%水分、1〜6%脂質からできてますよ、ってやつ。この時点でもなんだか???????ってなりません。

さらに、髪は相当いろんなアミノ酸が組み合わさって成り立ってる。

もっと???????が増えませんか?それだけ髪の毛は複雑なんです。だから、なんちゃら成分配合のトリートメントをただつけても髪は補修できないし、この複雑な構造の何がダメージして、何をくっつけたり補えばいいのかなんて、もう何ミクロンレベルで調べれる研究機関にでも髪をお願いしないと、毛髪の補修なんて不可能。

だからこそ、少しでも髪の構成に近いアミノ酸だとかタンパク質を上手く、なんとなくくっつけてあげて、擬似補修する。

例えば紙をビリビリに破いたとして、全く破けてなかった状態にできますか?って話。相当慎重にノリで繋ぎ合せても、破れた後は残ってるしどっか上手く合わないとこが出てきちゃったりする。これと一緒で、日々のシャンプーや紫外線、カラーやパーマ、ヘアアイロンやコテで一回受けたダメージは補修ではなく擬似補修で繋ぎ止める。これが一番。

じゃあどうやって上手く擬似補修するのか?

アミノ酸やタンパク質にほそれぞれ特徴があります。市販含めてトリートメントに使われる代表的なタンパク質を特徴と合わせて見ていきましょう(^-^)

????言葉が長くて専門用語とかで、いまいちピンとこない感じがしますよね(>_<)

簡単にわかりやすく書きます!!!!

ケラチン・・硬い性質を持ってるタンパク質。毛髪にハリやコシ、強さが欲しい人に必要。もろい分、日々補うことが重要

コラーゲン・・柔軟(柔らかい弾力)性があるタンパク質。乾燥しやすかったり、柔らかさが欲しい方に必要。

シルク・・サラサラしてるタンパク質。べたつきやすかったり、湿気で調子が悪くなりやすい方などに必要。

大豆・・保湿性に優れているタンパク質。枝毛で絡まりやすいとか、引っかかったりしやすい方などに必要

他にも、ヒアルロン酸やプラセンタ、スクワランなど色々とあります。

といった具合に同じタンパク質でも種類によって効果効能が違うため、上手く必要な物を組み合わせて使っていかないといけません。

ヘアケア, 髪質改善

最近話題の高級ドライヤー、人気だけど、買う価値有るの?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
最近話題の高級ドライヤー、人気だけど、買う価値有るの?

http://hairsalon-school.com/wp/未分類/髪の毛を洋服など別の物に置き換えて傷む理由を/

前回のブログで髪の毛が傷む原因を洋服やたまごに捉えて考えてみました。

それをふまえて、ドライヤーはどんな物を選んだら良いのか考えてみましょう。

個人的なオススメはダイソン

まず結論から言うと、髪の毛を繊維質とタンパク質で考えてみた時に傷む原因が最も少ないのはダイソンのドライヤーが圧倒的に優れていると思います。

https://www.dyson.co.jp/shop/hair-care.aspx?mkwid=s_dt&pcrid=355729576470&pkw=ダイソン%20ドライヤー&pmt=e&utm_source=google&utm_term=ダイソン%20ドライヤー&utm_medium=&utm_campaign=JP_JP_HairCare_Supersonic_Dyson_Exact&utm_content=&gclsrc=aw.ds&ds_rl=1256890&&gclid=Cj0KCQjwgezoBRDNARIsAGzEfe6Fk57z89mvOev3hit6VsBhEq_XQcq8kZVsNCQAzNbqIrb3yWIKnHIaAkrhEALw_wcB

上をクリックするとダイソンの公式ショップにいけると思うのですが、ダイソンのドライヤーは、風量の強さと温度の低さが圧倒的。熱の力で乾かすというよりも風の力で乾かすドライヤー。かなり高価なドライヤーですが、価格なりの価値があるものだと個人的に感じます。他のドライヤーがダメとかではなく、

今から髪のダメージのお話を踏まえ書いていきますので、参考にドライヤー選びをしてみてください。髪を乾かすことは毎日やることなので、それだけちょっとの事がダメージには大きく影響してきます。

髪の毛は繊維質なので、摩擦や引っ張る力に弱い。

繊維質なものは摩擦に弱いし、過剰な引っ張られる力にも弱いです。ではまずクルクルドライヤーで乾かしていくことはオススメ出来ません。風も弱く濡れた髪にテンションをかけながら乾かしていくと、髪が摩擦と引っ張られる力で、切れて、チリチリしたけ毛やアホ毛が増える可能性があります。通常のドライヤーで乾かした後、最後にブローする用のドライヤーです。

安い家庭用のドライヤーもあまりオススメはしません。家電量販店で買える3000円台ぐらいのドライヤー。これも風力がかなり弱く、なかなか乾きません。なのでブラシを入れる回数が増えてしまったり、風力で髪を伸ばす力がない分、手やブラシで無理に伸ばすことになり摩擦や引っ張る力で、髪が傷んでしまいます。

髪はタンパク質なので、熱の当てすぎに弱い

前回のブログでも話したように、髪はたまごのようにタンパク質が主成分。高温で焼けば焼くほど固まって硬くなってしまいます。皆さんドライヤーを頭皮から近くした時や、手元が熱いと感じたことはありませんか?もし有るとするなら、そのドライヤーは温度が高すぎる可能性があります。

今使ってるドライヤーをチェックしてみましょう

家庭用の動画ドライヤーのスイッチを見ると、cool、hot、turbo、の三段階設定になってるのが多いと思います。今使ってるドライヤーを確認してみましょう。クール機能。これは当然冷たい風が出ます。ホット機能。これも当然温かい風が出ます。ターボ機能に切り替えた時、どうか確認してもらえればと思います。

①風の強さは変わらないけど、ホットの時より熱くなる。

②風も多少強くなるけど、ホットの時より熱くなる。

③風は強くなるけど、ホットと熱さは変わらない。

④モーターの音だけうるさくなるだけで、別にホットと何も変わらない。

まず①の場合だと風力で水分を飛ばして乾かすというよりも、熱で蒸発させて乾かすイメージになるので髪にはとても負担が大きくなります。できればすぐにでもドライヤーを変える事をオススメします。

次に②の場合。風で水分を飛ばすと同時に熱で蒸発するので、これもやはり、あまりオススメはできません。熱くなる分、髪が硬くなったりしやすいです。できれば買い替えたがいいかと。

次に③の場合だと、風で飛ばす力は強くなって、熱さは変わらないのであれば、乾くスピードも早くなり、熱で硬くなるのも防ぎやすい。そのまま使ってもいいけど、もっと温度が低くて風が強いドライヤーに替えるともっと負担が減る。

④の場合。これはもう論外でしょう。ただ消費電力が上がるだけで、ターボ機能の意味さえなしてません。すぐに買い替えたが良いです。

ご家庭で使ってるドライヤーをチェックしていただいたでしょうか?

ここから傷む原因がわかったところで日々のドライヤーの重要さを数字にしてみてわかりやすくしてみましょう!

ドライヤーによる髪のダメージをポイント数で考える

例えば今のご自身の髪の毛のツヤやハリコシが1000点のポイントだったとします。

家電量販店で買う、風が弱くて熱くなるドライヤーが1回あたり10点分減っていくとしたら、1000÷10=100日で1000点分のツヤやハリコシが失われることになります。

次に家電量販店の安いドライヤーよりは風が強くてそこそこ熱いドライヤーが1回あたり5点減っていくとしたら1000÷5=200日で1000点分ツヤやハリコシを失うことになります。

美容室などでオススメされる、風が強くてちょっと熱いぐらいのドライヤーが1回あたり2点減っていくとしたら1000÷2=500日で1000点分ツヤやハリコシを失うことになります。

さらにハイグレードの高級ドライヤー、風がかなり強く熱くもならないドライヤーが一回あたり1点減っていくとしたら1000÷1=1000日で1000点分ツヤやハリコシを失うことになります。

こうみていくとドライヤーは負担かかるんならドライヤーしないで自然乾燥にしようかな、なんてことは絶対思っちゃダメですよ。自然乾燥は頭皮も髪も1番負担が大きいですから!

1000÷10=100日   安いただ熱いドライヤー

1000÷5=200日   少しだけ機能がアップしたドライヤー

1000÷2=500日  美容室の業務用や家電量販店のハイグレードドライヤー

1000÷1=1000日  ハイグレードなドライヤー

一回の負担は1〜10と対して変わらなそうにみえるかもしれませんが、100〜1000日と日数にすると大きく違うのがわかると思います。それだけドライヤーは重要なんです

良いドライヤーの選び方

さあ、ここまでお話ししてきたら、どんなドライヤーが良いのかなんとなくわかってきたのではないでしょうか?

風力が強く、温度が低い

これです。

そう考えると、ダイソンは圧倒的にそこの点で優れてるんです。

他にも良いドライヤーはあります。

https://bioprogramming-club.jp/index_repro?gclid=Cj0KCQjwpPHoBRC3ARIsALfx-_Kv3yuiBEHALainxYNiG_GKce2ihIJNhyp3UveaC73h74g7Y1srmQEaAtg_EALw_wcB

知ってらっしゃるかたも多いでしょう。レプロナイザー。風も温度も良し。

https://hairdryer.louvredo.com/

復元ドライヤー。こちらも知名度高いですね。風も温度も良し。

https://item.rakuten.co.jp/matsucame/tsu7879/

あせしらーずドライヤー。こちらの商品も安いけど、なんだか良さげ。私も実際使ってますが、本当に熱くありません。ワット数が高いので電気代がちょっと高くなるのが気になる点。

https://panasonic.jp/hair/

Panasonicナノケアドライヤー。知名度ナンバー1のドライヤーでしょう。一般的に買えるドライヤーとしては風も温度も申し分ないと思います。

http://www.donki.com/j-kakaku/recommend/50.php

ドンキホーテとテスコムの共同開発ドライヤー。ダイソンに負けず劣らずの風量。値段も安いし買ってみる価値あるんじゃないでしょうか?

 

社、ドライヤーには色んな研究があり、付加価値が付いていますが、私が話しているのは、そうゆう付加価値は含まない、

風力が強くて、温度が低い

あくまでこれを基準にお話ししています。

その点の基準でいくと

ダイソンドライヤー

は相当なもの。

風が強い分の使いづらいデメリットや、重量、ワット数、各社色々な付加価値が有るので好みもあると思いますが、

髪が傷む原因からふまえたドライヤー選びの一つの参考にしてみてはいかがでしょう?

https://hairsalon-school.com/未分類/高級ドライヤー以外のオススメのドライヤーが知/

その他、もっと詳しく話を聞きたい、こうゆうこともブログにしてほしいなどございましたら、

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 

シャンプー, ヘアケア, 髪質改善

髪の毛を洋服など別の物に置き換えて傷む理由を考えてみる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
髪の毛を洋服など別の物に置き換えて傷む理由を考えてみる

前々回、前回と生活習慣やシャンプーの正しい洗い方など日々のケアについて書いていきました。

今回は、何故シャンプーや日々の生活において髪の毛が傷むのか、どうやって扱ってあげればいいのか、他の物に置き換えて考えてみましょう。

 

髪の毛は繊維、洋服も繊維

髪の毛は複雑な繊維状になっています。お洋服で例えていくと、毛糸や綿、羊毛やデニム生地など。複雑に編まれて洋服になります。

では洋服がどのように傷んでいくのか考えてみましょう。

まず一つ、洗剤の種類。シャンプーで言うと前回書いたブログ成分。

毛糸やウール素材のセーターで考えてみましょう。

皆さんだったら毛糸の繊細な生地を洗う場合どんな洗剤を選ぶでしょうか?

固形洗剤、液体洗剤、柔軟剤配合洗剤、エマールやアクロンに代表されるような専用洗剤、ぬるま湯のみで洗剤は使わない

さあどれを選ぶでしょうか?

ぬるま湯のみ→生地は1番傷まない。しかし汚れや臭いが残ってしまう。洋服の色落ちもほぼない。

専用洗剤→最小限の生地の傷みで汚れも臭いも適切に落としてくれる。洋服の色落ちも最小限。

液体洗剤→そこそこ生地は傷む。汚れも臭いもしっかり落とす。そこそこ色落ちする。

固形洗剤→相当生地がやられる。汚れも臭いもしっかり落とす。必要以上に色落ちる。

さあどれを選びます?

専用洗剤を選ぶんじゃないでしょうか。大事なセーターや洋服を傷めないように気をつけたいですよね?ほとんど汚れてない洋服を毎日強い洗剤で洗いたいと思いますか?

答えは絶対NO!!

 

さあ髪の毛に戻して考えてみましょう。

固形洗剤→石鹸→髪や頭皮がやられる。汚れや臭いを落としすぎる。すごくカラーの色が落ちる。

液体洗剤→市販シャンプー→そこそこ髪や頭皮が傷む。汚れも臭いもしっかり落とす。カラーの色が       落ちる

専用洗剤→美容室のシャンプー→最小限の傷みに抑えれる。汚れや臭いも適切に落とす。カラーの色が少し落ちる

ぬるま湯のみ→湯シャン→傷みはない。汚れや臭いが多少残る。カラーの色がちょっとだけ落ちる

洋服も髪も洗うという行為には負担があるんです。洋服を洗ってると生地が傷んでいくイメージはわかるんじゃないでしょうか?どんなに良い洗剤でも生地の負担になるんです。そう考えたら、シャンプーは毎日するもの、最小限の負担で洗うことがどれだけ大切なのかわかるはずです!

 

洋服の洗濯方法で傷みをイメージしてみる

さっきは洗剤の種類でしたが、今度は洗濯方法でイメージしてみましょう。先程と一緒でセーターやウールで考えていきましょう。

洗濯機の通常モードで洗う→そもそもこのモードでセーターを洗う事が禁止になってる。激しく回転し服同士が絡んで洗えば一回で生地が摩擦で傷む。縮んで着れなくなる。型崩れする。毛玉が大量にたつ。

ドライモードで洗う→セーターを洗うモードで推奨されている。洗濯機が激しく回らず緩やかな水流でできるだけ優しく絡みづらく洗う。生地が摩擦で多少傷む。縮んだり型崩れしづらい。毛玉もできづらい。

手で優しく押し洗い→洗濯機を使うより優しく洗える。洗濯機みたいに回転させたり過剰にしないので摩擦で生地がちょっぴり傷む程度で済む。汚れの部分だけも狙って洗える。毛玉が出づらい。型崩れしづらい

消臭スプレー等だけつけて洗わない→汚れが落ちないが、生地に摩擦の傷みは一番でない。しかし汗や汚れがそのままなので時間が経つと汚れが酸化して取りづらくなり汚れや菌やダニとかで余計に傷む。。そうなると余計に手間もかかり生地がすごく傷む

 

さあ今度は髪に戻して考えましょう

洗濯機の通常モード→ゴシゴシただ洗うシャンプー→激しくゴシゴシすることで頭皮も髪の毛も傷ついて傷む。髪と髪の摩擦でキューティクルをかなり傷つける。髪が絡んで無理な負荷で髪の形が変わる。それを365日やってれば髪はどんどん傷んでいく。

ドライモードで洗う→多少気をつけて優しめにゴシゴシシャンプー→ただ洗うより良い。優しくてもゴシゴシしたらやっぱり傷ついて傷む。髪と髪の摩擦でキューティクルが多少傷つく。髪は多少絡みづらくなるが絡む。やっぱり365日やってれば傷ついていく。

手で優しく押し洗い→優しく頭皮を揉むようにシャンプー→ゴシゴシしないことでキューティクル同士の摩擦で傷つくのが最小限で済む。髪の毛はあまり触らないことで絡まりづらい。365日やってればもちろん傷つくが最小限に抑えれる。

消臭スプレー等だけつけて洗わない→頭皮の制汗剤や臭い消しだけつけて洗わない→上記3つに比べ摩擦によるキューティクルの傷みは一番少ない。しかし、汚れが酸化したり細菌が繁殖して余計に頭皮や髪に問題が発生する。相当髪も頭皮もやられる

※洗わない=ノーシャンプー法は全く別の話しなんで勘違いしないでください!ノーシャンプー法ははぬるま湯で洗ったり食生活の状態ではシャンプーやったり、正しいやり方があるので、、「洗わないのってやっぱり良くないやん」「ノーシャンプーって良いってネットでみるけどダメなんだ」みたいな勘違いをされないようにお願いします。

こうやって洋服に例えて見ましたが、皆さんならどの洗濯方法を選ぶでしょうか?その観点から髪を考えるとどんな洗髪方法を選ぶでしょうか?毎日の積み重ねだからこそ、正しい選択肢を選んで長くキレイな状態を保つように心がけてみてはいかがでしょうか?

 

髪も肌もタンパク質、タマゴも肉もタンパク質

今度は髪の毛が何から出来ているのかを置き換えてで考えて見ましょう。

髪の毛の役8割はタンパク質で出来ています。たまごやお肉もタンパク質が主成分。

たまごに熱が加わった時に起こる変化を考えながら、髪の毛が熱でどうなるか考えると、ドライヤーやヘアアイロンの重要性に気付くかと思います

まずタンパク質の固まる温度について少しお話しします。タンパク質の凝固温度は58度から始まります。60度前後で凝固し、68度から水分が抜け始める温度帯になります。100度を超えれば水分は蒸発します。これを肉やたまごでまずは考えましょう

お肉で起こる変化

フレンチなどで良く用いられる低温調理法。お肉が固くならずジューシーな仕上がり。肉汁などの水分もなくならないので美味しくなる。逆に高温で起こる、家庭でBBQなどする時に火が強いとこにお肉を置いてしまって、パサパサの炭みたいになるのが水分も無くなってタンパク質がボロボロになった時。

たまごに熱を加えていくと起こる変化。

ゆで卵なんかを作ると、約10分程度でプルプルとした白身の固まりになりますよね。お湯の中で殻に守られって間接的に熱を浴びてるので約80度前後で固まってるのかな?ゆっくりと間接的に熱が加わる分ツヤっとした弾力ある出来上がり。

一方で目玉焼きなんかは油をひいたフライパンに、殻を割ったたまごを直接熱にかけます。油があると熱は高くなるので約180度前後。焼き始めた途端に固まり始めます。固まって焦げていきます。上面は蒸気など間接的なつるっとした出来上がりだが、下面は直接的な高温により焦げて固い。

 

これも髪の毛に戻して考えてみましょう。

ヘアアイロンやコテ、だいたいみなさんは何度ぐらいの設定でやってらっしゃるのでしょうか?

だいたいのお客様をカウンセリングする時多いのが140度から180度。特に140度は多いですね。さっきのたまごの話しとタンパク質の話を思い出してみましょう。もう100度を超えてる時点で水分もなくなるし、焦げ始めます。温度が低い方が傷まないって良く言うけど、100度以下で初めて言える話で140度と180度はどっちにしろ髪にダメージなのは間違いありません。(厳密に言うと髪は80度を超えるとでタンパク質変性が始まり脆くなりやすくなるので100度も危険かもしれない)

毛髪科学の書物にも

髪の毛は180度の熱だと約10秒で、100度以下だと約20分ほどでダメージする

と記されています。しかもこれはカラーも何もしていない健康な髪の話しで、実際ほとんどの方がカラーやパーマなどでダメージしてる状態なので、もっと熱で熱に対する耐性は低下しています。

毎日のヘアデザインの中で、アイロンやコテは必需品になりました。私もお客様のデザインを楽しんでいただく上でコテやアイロンを否定しないし、必要だと捉えています。だからこそ、温度やダメージの関係性を考えて、何年でもキレイに楽しむ方法を見直してもらえればと思います。

 

ヘアアイロンやコテのプレートの材質をたまごを焼く時のフライパンの材質に置き換えて傷む原因を考える

先程は温度についてお話ししました。次はたまごを焼いて目玉焼きを作る時のフライパンの種類で考えて見ましょう。ツルツル滑って焦げ付かず焼けるものもあれば、引っ付いて取れないような物まで皆さん一度は経験があるのではないでしょうか。

 

いわゆるただのフライパン→熱の伝導性も均一じゃなく滑りが悪いからすぐ焦げ付く。目玉焼きをフライ返しで入れようとするとガリガリとくっついて上手くいかない。

コーティング処理をしてあるフライパン→使い始めの頃はコーティングにより良く滑る。しかしあくまでただのフライパンにコーティングをしてるだけなので、使ってるとコーティングが焼けたり剥がれたりしてきて、焦げ付くようになる。コーティングの取れたとこと残ってるところに目に見えないガリガリした凸凹が出来る。早めに買い換えて新しいのにすればこうゆう問題は起きない。

セラミック加工フライパン(チタン等)→いい値段出すとこれ系のフライパンが多い。油をひかなくてもツルツルでたまごが焦げ付きづらく、熱伝導性も高いので焼き上がりもキレイになる。大事に使ってあげれば長く良い状態を保てる。

テフロン加工フライパン(フッ素加工)→熱伝導性や滑りなど1番優れる。たまごも均等に焼けて焦げ付かない。摩擦も少なく、セラミック加工と同じように良い。衝撃に弱かったりするので雑に扱わないよう注意がいる

 

今度はヘアアイロンやコテに戻りましょう

なんの加工もないただのヘアアイロンやコテ→熱の伝わり方も均一じゃないので負担が大きい。さらに材質的に滑りが悪く目に見えない凸凹もあるので、アイロンやコテを入れるたびに髪の毛が摩擦で傷む。タンパク質が焦げ付く感覚でダメージしていく。

 

何かしらのコーティングがしてあるアイロンやコテ→使い始めはコーティングにより良く滑る。使ってるとコーティングが剥がれてきて焦げ付くようになる。コーティングの残ってる部分と取れてる部分の見えない凸凹によりキューティクルが損傷する。コテのチェック法としてはティッシュを挟んでみてスルっとすべらなかったり、破れたりするようならおそらくコーティングが禿げてると思います。あとコテやアイロンのプレートだ色が変わってたり。そうなってたら買い換えたがいいです。

 

セラミック加工アイロンやコテ→滑りが良く巻く時の摩擦ダメージは少ない。熱の伝導性も高く比較的、低めの温度設定でも巻ける。ヘアオイルなどを着けなくてもちゃんと巻ける。サロン用のコテなどで良く使われる。良い物だからと高温で毎日のように巻いてると結果的に傷む

 

テフロン加工系ヘアアイロンやコテ→高価なアイロンなどの素材。熱伝導性も非常に高く摩擦ダメージも非常に起こりづらい。巻き上がりも均等に熱が伝わりキレイ。低温80度程度でもカールがつく。

 

ヘアアイロンやコテを購入する際皆さん温度設定ばかりを気にしがちかと思います。が、素材がかなり大事。髪の毛はとても繊細で、目に見えない凸凹でさえキューティクルが損傷します。

 

 

今回は髪の毛を物にたとえて考えてみましたが少しはわかりやすかったでしょうか?

 

その他の相談もこちらのラインから随時受けています(^-^)↓↓↓↓↓

 

シャンプー, ヘアケア, 薄毛

美髪のために始めよう!界面活性剤から考える正しいシャンプーの使い方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
美髪のために始めよう!界面活性剤から考える正しいシャンプーの使い方

皆さんが毎日使うシャンプーに入ってる界面活性剤。美容室に行くと良く耳にする機会も多いんではないでしょうか?今さらなかなか聞けない界面活性剤についてのお話。

まず界面活性剤とは?

簡単に言うと

洗剤の主成分   

汚れや油を落とすのに必要な成分

詳しく知りたい方は今から書くので読んでみてください。正直そこまで知る必要はないかと思いますが(^-^)

分子内に水に馴染みやすい部分(親水基)と油に馴染みやすい部分(親油基・疎水基)を持つ物質の総称。両親媒性分子と呼ばれることも多い。ミセルやベシクル、ラメラ構造を形成することで、極性物質と非極性物質を均一に混合させる働きをする。また表面張力を弱める作用を持つ。洗剤用途に大量に使用されるほか、食品や化粧品の乳化剤・保湿剤としても重要な位置を占める。微妙に化学構造を変化させただけで大きく異なる特性となるため、非常に多くの種類のものが生産・使用されているウィキペディアより

読んでみても正直イマイチチンプンカンプンです。もう一度言います、

界面活性剤=洗剤の主成分

これで覚えてください

 

シャンプーの界面活性剤の種類

シャンプーの界面活性剤は危険?種類と成分を正しく理解しよう!|【女性の美学】 https://josei-bigaku.jp/kaimenkasseizai3872/

-引用

こちらのサイトにわかりやすく書いてありましたので、詳しく知りたい、興味あるって方はクリックして読んでみてください。

シャンプーに含まれる界面活性剤を大まかに分類すると4つに分かれます

高級アルコール系・・洗浄力に優れ泡立ちがいい。皮脂を落とし過ぎ肌に対する刺激が強い

石鹸系・・洗浄力が強く、肌に対する刺激は多少マイルド。皮脂落としすぎる可能性あり。

アミノ酸系・・適度な洗浄力。肌に対する刺激が少なくしっとり洗いあげる。泡立ちがしづらい

ベタイン系・・ベビーシャンプーによく使われ、肌に対する刺激は弱い。ヌルっとする

特性に関してはかなり簡潔にして書いていますが。この4つを基準に考えてみましょう。(本当はまだ〜〜系はありますし、特性ももっと色々ありますがそこまで覚えなく良いと思います)

 

界面活性剤の割合だけでシャンプーの善し悪しを判断するのは偏見がありますが、良いシャンプーを選ぶ基準としてはとても参考になるので覚えておくと良いです(^-^)

高級アルコール系・・ラウレス硫酸NA、ラウリル硫酸NA、ラウリル硫酸TEA、ラウリル硫酸アンモニウム、オレフィン(c14-16)スルホン酸NA、オレフィンスルホン酸NA、スルハコハク酸系など

市販のシャンプーの洗浄成分として多く使われている界面活性剤。皮脂が落ちすぎます。肌に刺激が強いです。カラーが当たり前の現代の女性にこの界面活性剤ベースのシャンプーは強すぎます。お肌でいうと、調子の悪い荒れ気味の肌に、相当刺激の強いクレンジング剤付けてるみたいなイメージ

トリートメントやコンディショナーを化粧水のイメージで考えてみましょう

めっちゃ傷つけるクレンジング剤でガシガシ洗って、パパっと気持ち程度の化粧水。。。絶対嫌じゃないですか?私なら絶対嫌です!大事なお肌の内部を傷めて表面を取り繕う感じですね。

某大手市販メーカーによく使われています。商品名は書けないので、ご想像にお任せしますが一度裏の表記をご覧ください。

石鹸系・・石けん素地、カリ石けん素地、脂肪酸ナトリウム、脂肪酸カリウムなど

皮膚に与える刺激は高級アルコール系に比べ優しい界面活性剤。脂漏性のお肌や剛毛で油汚れが出やすい方には優れた効果を発揮するかと思います。石鹸系界面活性剤=固形石けんをイメージされると思いますがこれは全く別です!

ほとんどの固形石けんを作る場合、石鹸系界面活性剤に水酸化ナトリウムを混ぜ合わせます。

この水酸化ナトリウムは強アルカリ性。家庭用の掃除で使うメジャーなもので言うと苛性ソーダがあります。水酸化ナトリウム(苛性ソーダ)汚れを落とすには優れていますがお肌は弱酸性に対して、アルカリ性。刺激が強いです。石鹸系界面活性剤に問題あるというより、固形石鹸の水酸化ナトリウムに問題あり。石鹸についてはまた別で詳しく書きます。選ぶ際は液体石けんシャンプーなどを選ぶと良いです。

ベタイン系・・コカミドプロピルベタイン、ココアンホ酢酸Na、コカミドベタイン、ラウラミドプロピルベタイン、ラウリルベタインなど

ベビーシャンプーの主成分として多く使われています。皮膚に与える刺激が非常に弱いので、お肌が弱い方でも使いやすい。目に入ってもしみたりしづらい。高級アルコール系ほどではないけど泡立ちがいい。保湿力が高い分ヌルっとしたような使用感を感じる。とても高価。

アミノ酸系・・ラウロイルメチルアラニンNa、ココイルグリシンk、ココイルグルタミン酸TEA、ココイルサルコシンNa、ラウロイルグルタミン酸Naなど

皮膚に与える刺激が少なく、しっとり洗いあげる。とても優れた洗浄剤。洗いあがりに髪がきしむことがない。頭皮の乾燥も防ぐ。脂性の皮膚の方やがっつりワックスやスプレーを使う人だと洗浄力が足りない場合がある。デメリットとして、 泡立ちづらい、アミノ酸系のみで作ったシャンプーの場合だと毛髪などに残りやすく徐々に髪が重くなったりべたつきを感じたりする

シャンプーはこの4つの系統をうまくバランスを考えながら作っってあるものを使う。

泡立たないシャンプーってなんだか良くない気がしてしまうけど、実はそうじゃなくて泡立てないままシャンプーすると摩擦によるダメージになってしまう。泡立たない分シャンプー量も増えてコスパも悪い気がして、「せっかく高いシャンプー買ったのに泡立たないし量使うし全然良くなかった!」

なんて経験ありませんか?

これせっかく良い洗浄剤なのに活かしきれていないパターン。アミノ酸系界面活性剤は、水と空気にしっかり混ぜ合わせるとめちゃくちゃきめ細やかな泡になるんですよ!

例えば、テク◯◯◯トのオッジ◯⚪︎◯、DR◯⚪︎のT◯K◯O

これめっちゃ良いシャンプー

なのによく、うちのお店に初めていらっしゃった方にカウンセリングで、「別の髪質改善のお店で勧められて買ったけど全然良くなかった。」とか、「髪綺麗になるって言われて信じて高かったけど買ったのに髪全然良くならない」とか、「使い始めたら頭皮が痒くなった」とか、

もう一回言いますが、めっちゃ良いシャンプー

要は使い方を正しく知らなかったってこと。洗浄剤の正しい特性を説明して、上記のシャンプーを、しっかり泡だてして1ヶ月使ってみていただいたら、

「使い方変えたらすごいよかった」「あんな泡立つんだ」「すごい指通り良かったです」

こんな感想が返ってきます。だって良いシャンプーですから(^-^)

ちなみに、うちのシャンプーもとても良いですよ(笑笑)

「頭皮が痒くなった」、実はこれにも理由があります。いわゆる好転反応 

ってやつが大きく関係してる場合があります。まずは2、3週間使ってみれば痒みはなくなる場合が多いです。

まずは今使ってるシャンプー剤の成分表を見てみましょう!どれが当てはまりますか?

どうやって泡を立てるのか?

アミノ酸系が良い洗浄剤なのはわかったけど、結局のところ泡立ちづらいシャンプーなのにどうやって泡立てるの???   こんな疑問が湧いてきますよね。

めっちゃ便利なアイテムがあるんですよ!!!

誰もが知る100円ショップ、ダイソーで買える、その名も「ホイップるん」

まずはシャンプーを1プッシュ(500円玉程度)+水(シャンプーの約2、3倍)

↑シャンプーと水うを入れた状態

蓋を閉めて、持ち手を持ったら上下にしっかりと(容器の底から1番上まで)約10往復。これでかなり空気と水、シャンプーが馴染むので泡がモコモコし始めます

ここからさらに、上から下へ10〜15回程、空気を入れる感じでシャカシャカ。

こんな具合に、容器ごと持ち上げれるぐらいの、きめ細やかなモコモコの泡が完成します!

 

ホイップるんはダイソーに在庫が!固形石鹸や牛乳の泡立て方のコツや使い方

↑↑↑のブログの方は他にも色んな使い方をご紹介されているので貼っておきます(^-^)

 

泡立てることに意味があるのか?

良いシャンプーの洗浄剤が泡立ちづらいのもわかったし、ホイップるんを使えば泡立つのはわかってきたけど、そんな頑張ってまで泡立てるメリットってあるの?なんだかめんどくさいくない?

こんな気持ちが芽生えるんじゃないかと思います。

しかしながら、泡だてはとても重要だし、メリットがいっぱい

ブログの始めにも書いたように界面活性剤は洗剤だと思ってイメージしてみましょう。

食器用洗剤、洗顔剤、ボディソープ、洗濯洗剤、お風呂の洗剤。

泡がしっかりモコモコして、擦らずに洗えるものと、泡たてないで擦って洗うもの

皆さんどちらを選びますか?間違いなく前者だと思います。

特に、洗顔剤に置き換えてイメージしていきましょう。皆さんは、お顔ってどうやって洗ってらっしゃいますか?お顔をきれいにいつまでも若々しくハリツヤある状態保つために、洗顔のやり方って結構気をつけているんじゃないでしょうか?

女性に洗顔法をお聞きすると、「泡だてネット使って泡で洗う」「擦らないで優しく洗う」「オイルとかで乳化してから極力洗顔剤は使わない」

こうゆう答えが返ってきます。

じゃあシャンプーは?って聞くと「2、3プッシュとってそのまま頭につけてゴシゴシ」「ゴシゴシやると気持ちいいから強めにしっかり」「時間かけた方が綺麗になりそうな気がするから長い時間シャンプーつけたままゴシゴシ」「泡立てるために髪の毛を使ってゴシゴシ」「2度洗いでキレイにしてます」

こうゆう答えが返ってきます。

お顔も頭皮も髪の毛も一緒なのになんでこうも違うのか?

髪や頭皮もしっかり泡だてして、優しく洗うほうがいいに決まってます!顔を洗顔剤で、ゴシゴシやったり、2度洗いしたり、時間かけていっぱい洗ったりしたいですか??

シャンプーをしっかり泡だてて洗うメリット

・シャンプー剤のクオリティが最大限に引き出せる

・洗いあがりの髪があまり絡まらなくなる

・泡切れが良く流した時にシャンプーのヌメヌメした残った感がない

・髪がツルツルする

・ゴシゴシやらなくても汚れが落ちる

・頭皮の乾燥が徐々になくなる

・シャンプーの使用量が減る

・高いシャンプーもコスパが上がり続けやすくなる

・抜け毛や白髪の予防につながる

・髪のハリコシが増す

・根元のボリュームが出やすくなる

・艶が出やすくなる

たくさんのメリットがあります!

アミノ酸シャンプーの選び方

ここまでブログを読んでいただいたら、よし!今日からアミノ酸系界面活性剤、ベタイン系界面活性剤が主成分のシャンプーをしっかり泡だてて使おう!こんな気持ちになるんじゃないでしょうか?

ここで一つ落とし穴。最近は市販のシャンプーでも、店頭のポップやコマーシャルで、アミノ酸の栄養が、とか、アミノ酸数種類配合、とか、アミノ酸系界面活性剤配合、とかこんな言葉を見かけるようになりました。なんだ、市販でも良いシャンプーあるんだ!きっとこう思ったでしょう。

これが落とし穴。実はアミノ酸シャンプーには法的に明確な定義が定められていません。

なので、アミノ酸界面活性剤を主成分にしっかりとバランスを考えて作られてるシャンプーも、洗浄力強すぎ肌傷めまくり系主成分に気持ち程度アミノ酸界面活性剤配合してるシャンプーも、安い洗剤みたいなんにアミノ酸をちょっと入れましたよ程度のシャンプーも、アミノ酸シャンプーって宣伝したところでなんの罰則もなければ、違法でもない訳です。

よく、コマーシャルなんかで芸能人の方が、「アミノ酸の力で潤う髪に」だの、「ヒアルロン酸が潤いを」だの、「プロテイン処方」だの言ってる姿を見ますが、正直だから何?って感じ。(芸能人の方は台本読んでるだけでなので全く悪くないです汗)

頭皮の皮脂が多い方、乾燥がひどい方、カラーなどのダメージを受けてる方、子ども、大人、女性、男性、猫っ毛、多毛など、人それぞれ状態が違うので、CMやポップの言葉に流されないことが大切。

商品成分表の一部は隠しています。

水,ラウレス硫酸Na,コカミドプロピルベタイン,ソルビトール,◯◯◯◯◯,グアーヒドロキシプロピルトリモニウムクロリド,(◯◯◯◯◯◯◯◯/ジメチルアクリルアミド)コポリマー,マルチトール,ツバキ種子油,レモンエキス,ローズ水,◯◯◯◯エキス,ダイズ種子エキス,ラウリン酸PEG-2,硫酸Na,DPG,ラウリン酸,ジメチコノール,サリチル酸,EDTA-2Na,クエン酸,ラウリル硫酸Na,BG,グリセリン,トコフェロール,フェノキシエタノール,安息香酸Na,香料,黄5,◯◯

これはある市販シャンプーの成分一覧表。硫酸系の洗浄力の強さにベタイン系のしっとり。どちらも泡立ちが良い性質をもつので、すぐ泡立つし洗い心地は抜群にいいと思います。アミノ酸から出来るタンパク質成分が配合しているので、これも言ったらアミノ酸シャンプー。でも、栄養が入ってようが洗浄剤が強かったら意味があるのか?しかし泡立ちはかなり良い分、摩擦ダメージは防ぎやすい。男性の方や脂症、多毛の方には使いやすいでしょうが、カラーやパーマでダメージしてたり、猫っ毛の方などはパサパサするかもしれません。

 

水・ラウロイルサルコシンTEA・オレフィン(C14-16)スルホン酸Na・コカミドプロピルベタイン・PPG-2コカミド・ココアンホ酢酸Na・グリセリン・PCA-Na・アスパラギン酸・アセチルグルタミン・アセチルグルタミン酸・アセチルヒドロキシプロリン・◯◯◯◯◯・アルギニン・イソロイシン・グリシルグリシン・グリシン・システイン・シトルリン・セリン・トレオニン・バリン・◯◯◯◯◯・フェニルアラニン・プロリン・リシンHCl・加水分解コラーゲン・BG・◯◯◯◯◯・PCA・イソステアリン酸PEG-50水添ヒマシ油・イソプロパノール・クエン酸・グリセリルグルコシド・ココイルグルタミン酸TEA・ジラウロイルグルタミン酸リシンNa・スクワラン・ポリクオタニウム-10・塩化Na・◯◯◯◯・フェノキシエタノール・メチルパラベン・安息香酸Na・香料

これもまたある別の市販シャンプー。アミノ酸界面活性剤、高級アルコール系、ベタイン系が入ったる、さらにアミノ酸成分も入ってる。れっきとしたアミノ酸シャンプーであるし、ベタイン系シャンプーでもあるし、高級アルコール系シャンプーでもある。少し脂っぽい頭皮で髪が乾燥してたり、毛の量が多くてカラーなどでダメージしてる方には使いやすいんじゃないか。しかしずっと使ってると、アルコール系界面活性剤の洗浄成分で過剰洗浄になるかもしれない。猫っ毛やすごくダメージがある人、頭皮が乾燥してると、あまり合わないかも。別のシャンプーとの併用とか、色んな使い道はありそう。

 

 

水、ラウロイルシルクアミノ酸Na、PCAイソステアリン酸PEG-40水添ヒマシ油、コカミドプロピルベタイン、ココイルメチルアラニンNa、◯◯◯◯◯◯◯ダイズタンパクK、グリコシルトレハロース、DPG、アルガニアスピノサ核油、加水分解水添デンプン、◯◯◯◯◯◯◯、デシルグルコシド、◯◯◯◯◯◯◯◯◯、PCA-Na、ベルガモット果実油、ポリクオタニウムー10、ココイル加水分解ケラチンK(羊毛)、クエン酸、BG、加水分解カゼイン(牛乳)、加水分解コラーゲン、(ジヒドロキシメチルシリルプロポキシ)ヒドロキシプロピル加水分解ケラチン(羊毛)、加水分解ケラチン(羊毛)、加水分解ダイズタンパク、塩化Na、乳酸Na、加水分解ゴマタンパクPGプロピルメチルシランジオール、◯◯◯◯◯、加水分解シルク、アスパラギン酸、メチルイソチアゾリノン、◯◯◯◯、◯◯◯◯、ジラウロイルグルタミン酸リシンNa、グリシン、アラニン、◯◯◯◯、バリン、イソロイシン、トレオニン、◯◯◯◯、ヒスチジン、フェニルアラニン、カルボキシメチルフェニルアミノカルボキシプロピルホスホン酸メチル、カニナバラ果実エキス、ココイルアミノ酸Na、セイヨウサンザシ果実エキス、ラベンダー花エキス、シャクヤク根エキス、ヒキオコシ葉/茎エキス、加水分解コンキオリン、タチジャコウソウ花/葉エキス、セイヨウノコギリソウエキス、ローズマリー葉エキス、セージ葉エキス、チャ葉エキス、加水分解ハトムギ種子、ビルベリー葉エキス、キュウリ果実エキス、PEG-20フィトステロール、アスパラギン酸K、アスパラギン酸Mg、テトラオレイン酸ソルベスー30、PEG-100水添ヒマシ油、◯◯◯◯◯、サルコシン、PG、フェノキシエタノール、メチルパラペン、◯◯◯◯◯◯

これは美容室専売のアミノ酸シャンプー。相当、アミノ酸シャンプーではこだわりがあり良いシャンプー。美容液みたいに、アミノ酸や保湿成分もたっぷりと配合してある。ハイダメージの方や頭皮が乾燥している方や猫っ毛の方なんかが使うと、とても良い洗いあがりになる。しかしアミノ酸界面活性剤とアミノ酸や保湿成分が主なので泡立ちづらい。しっかりと泡だてして使うととても良い。健康な髪の方や多毛、脂症の方が使うと、ベタついた仕上がりになる可能性あり。

 

ここでご紹介したアミノ酸シャンプーだけそれぞれ特性が違ってで3種類。世の中には市販やネット販売含め数100種類のアミノ酸シャンプーが売られていると思います。

アミノ酸シャンプー=全て良いじゃなく、髪や頭皮状態で変わるものだから、きちんと相談していただくのが一番です^_^

これはあくまでシャンプーを界面活性剤で捉えた場合の話しで、シャンプーは他にも選ぶ際のポイントはあります。

以前のブログでも書きましたが

・ノンシリコン・天然由来成分・ラウレス硫酸フリー・アミノ酸配合・アミノ酸シャンプー・コラーゲン配合・数種類の保湿成分・無添加

などの言葉に踊らされずに、本当に必要なことに気づいていただければと思います。

 

このブログを読んで色々と相談したい

今回のシャンプーのブログを読んで、シャンプーの使い方や界面活性剤の特性は多少理解できても、結局シャンプーの裏の表記を見て、自分の髪に合ってるのかを調べるってとても大変かと思います。

そこで、いつでもご相談可能なラインのQRコードを載せておきますので、友達追加の上、ご連絡お待ちしております。

毎日使うシャンプーはとても大切です。ご相談お待ちしてます。

ヘアケア

美髪を作るには日々の生活習慣がとても大切

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
美髪を作るには日々の生活習慣がとても大切

今回は綺麗な髪を手に入れるために必要な日頃のお話。

はじめに言っておきますが、良い栄養素だけを取れば髪が増える訳ではありませんので注意してください!

髪に必要な栄養って?

髪に良い栄養素の吸収を良くするための栄養素などバランスよく取る必要があります!

髪に良い食べ物として絶対に取るべきなのは、タンパク質、脂質、糖質、この3つです。。

ていうより人間の健康に置いて必ず必要な栄養素になります。

まずはタンパク質について今回は話していきます。

タンパク質は筋肉、皮膚、内臓、髪の毛、血液など体のあらゆる部分をつくる材料になります。

20種類のアミノ酸がさまざまな形で組み合わさってタンパク質となります。

そのうち体内で十分な量を合成できない9つのアミノ酸を「必須アミノ酸」と言います。

アミノ酸や脂肪、糖を使って体内で合成出来る11種のことを「非必須アミノ酸」と言います。

この必須アミノ酸と非必須アミノ酸の20種類が色々とくっつき合ってタンパク質になるんです。

特に必須アミノ酸は体内で作れないのでしっかりと食生活で撮らないといけません!

人間の体の約20%を占めるタンパク質は筋肉や内臓などの材料、消化器官や脳神経系の機能を調整するホルモンを作ったり、代謝に欠かせない酵素を作ったり、病気と戦う免疫抗体を作ったりとすごく重要な栄養素です。

内臓が弱いと白髪になりやすいと言われているし髪の毛はタンパク質で出来てるし、脳神経の異常でイライラするとストレスで毛が抜けやすくなるし、髪にとってタンパク質がいかに大事か分かると思います。

しかしこんなに大切な栄養素にも関わらず、体の中に貯蔵する仕組みがなく、毎日必要な量をしっかり取らないとタンパク質不足になり、体も髪も疲れた人になってしまいます。

よくプロテインや錠剤やタブレット材など、約10倍のタンパク質だとか書いてあるものを目にしてると思います。10倍とったからしばらくは取らないで良いにはなりません。貯蔵できないわけですから、1日に必要な量以外はすべて体外に出ます。

糖質制限の危険性そもそも糖質というものを正しく理解されていますか?

糖質と言えば、ダイエットの敵だとか病気、メタボリックの素など、悪いもののように考える方が多くいらっしゃいます。

でも糖質は、体にとって最も重要なエネルギー源であることをご存知でしょうか?

糖質は他のどんな栄養素よりも、体を動かしたり頭を使ったりするのに必要なエネルギーを作り出せる優れた栄養素なんです。

運動したり仕事したり、勉強したり、寝るのにだってエネルギーは必要です。

無理な糖質制限をするとエネルギーがなくなり、筋肉や髪、皮膚などになるための大事な別の栄養素をエネルギーとして使うことになるので、筋力がなくなってスタイルが悪くなったり、髪が薄くなったり、肌があれたり、どんどん老化が進行します。

もしそれでも糖質制限にこだわるのであれば、単糖類であるブドウ糖を取ると良いです。飴なんかでも売ってあります。水によく溶け、1番糖質として小さい分子になるので、吸収もよくすぐエネルギーに変わるから、脳の働きを活性化して記憶力や体のだるさをとってくれます。

糖質制限をすると割とすぐに体重が減っていきます。実はそれは体内に蓄積されてる糖質が、体の水分と結合して出てるだけなので、体の水分が不足しえ脱水症になりやすかったり、健康に良くないです。水分が減って痩せてるだけで、体脂肪は一切減ってません。

糖質を制限した生活を続けると確実に頭皮が老化し、髪は薄くなります!

髪のツヤもハリも若さもなくなります!

なってからどうにかするではなく、なる前から正しい知識を知っておくこれが重要です。

気になる方なんでもご相談ください(^-^)

間違ったダイエットや、生活習慣はやめて、髪のためにも体のためにも毎日正しい食生活を心がけましょう

睡眠の重要性(交感神経、副交感神経)

人の体は日中は交感神経が優位に働き活動的になり、夜は副交感神経の働きにより休息に入るように本来はリズムが出来ています。

副交感神経が正常に働いていると、日中疲れた体を修復するために全身に血が巡っていきます。熟睡することにより自己修復が促され、髪や頭皮を育てる組織に十分な血が行き渡り髪が生えます。

しかしスマホを寝る直前までいじったり、お風呂に入らず寝たり、イライラしたままだったり、中途半端な状態のままだと、疲れが取れないどころか、健康な髪も失うことになります、特に寝るギリギリまでのスマホなんかには注意しましょう。

逆に交感神経が優位に働いてる間は体が活発に活動してる、エネルギーを使ってる状態です。エネルギーを消費しているということは体を修復するのとは逆に使ってる状態です。

特に現代社会は常に仕事や家事に追われて、体を酷使してる方が多く、常に交感神経が働いて緊張状態が続く人が多くなっています。

一時期、朝シャンぶーむというものがありました!!

しかしながら、朝シャンの危険性を知らない方は多くいらっしゃいます。

手軽に寝癖が直せるし、今の忙しい世の中でどうしても朝シャンになってしまう方が多いのも理解はしています、ので否定する訳ではなく一意見として、危険性だけは知っておいてもらえれだと思います。

洗髪には頭皮の緊張を緩めて血の巡りを良くする効果があります。

夜寝る前にに洗髪することで、寝ている間に休息のための副交感神経が優位に働くようになり、痛んでいる細胞や弱っているところに血が巡るようになり寝てる間に自己修復に役立ちます。

しかし朝は体が動こうとする交感神経が優位に立っているため自己修復が出来ない状態です。

そのためバリア機能を失った素肌に紫外線や排気ガスとかのダメージの原因をもろに受け、頭皮や髪はどんどん痛んでいきます。

更に、交感神経と副交感神経のバランスもおかしくなることで、汗をかきやすかったり、イライラしたり、体調が悪くなったり、だるくなったりしやすくなります。

たまの朝シャン程度でどうこうの話ではありませんが、毎日の習慣がいかに危険を含んでるかこの事実だけは頭に入れていただければと思います。

体の老化や心のバランスを壊す原因になります。。

出来る限り、交感神経と副交感神経のスイッチを切り替える方法を作ることが大切です。

お風呂に浸かる。頭皮マッサージを寝る前にやる。柔軟運動をする。ゆっくり深呼吸をする。

こういう5分程度の単純な日常の行動が髪を失わないための基礎になることを皆さん頭から忘れないようにしましょう。

毎日の積み重ねがとても大事です!!!

まとめ

・タンパク質をしっかり摂る。

・無理な糖質制限はやらない。

・バランスいい食生活を考える。

・夜お風呂に入る。

・朝シャンをしない。

・適度の運動を心がける

・柔軟や深呼吸でバランスを整える

美髪=インナービューティ

とても大事です。365日の積み重ね。