ヘアケア, 未分類

家でやるトリートメントに意味はあるか パート2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
家でやるトリートメントに意味はあるか パート2

前回、トリートメントは家でやって意味があるのかを成分などを説明しながら書いていきました。

 

家でやるトリートメントって意味があるの?

 

お客様から、専門用語が多いし分かり辛い、ブログが長い等のご意見がありましたので、もっと簡単に説明してみたいと思います。

 

健康な髪の毛が100点だとして、ダメージする度に点数が減っていくという考え方

全くダメージしていない髪を100点だとします。そこにカラーやパーマ、縮毛矯正などによってダメージを受けると、どんどん点数が減って、髪は調子が悪くなります。

簡単に考えると、50点以下になってくると髪のパサつきや枝毛などをひどく感じると思ってください。

例えば、通常のヘアカラーが一度で20点、パーマや縮毛矯正は40点減ると考えてみましょう

全体カラー3回もすれば、60点減り、髪は残り40点。

縮毛矯正は一回で40点。あと一回カラーでもしたら、60点減るわけです。

そうすると、どちらも残りの点数 が50点を切ってるので傷みを感じると。。。。。。

こういう感じで、点数で髪を考えましょう。

例1)全体カラーを2回して、毛先の傷みが気になり始めたAさん

全体カラーを2回ということは、40点傷んで、残りが60点の髪になっている。。この40点を擬似的に戻せれば髪の状態は良いように感じれる。とてもシンプル。

自宅で使うトリートメントで一点プラスになるとした場合、40回やったら100点に戻る。理屈だとこうなりますが、実際、毎日やってても全然よくなっていかない。これには、訳があります。

40点傷んでるといっても、例えば、ヒアルロン酸が10点、コラーゲンが10点、ケラチンが10点、キューティクルが10点ずつ傷んでるとしましょう。Aさんが日々のトリートメントで使ってるのは、ヒアルロン酸配合だったとするとヒアルロン酸は10点なので、毎日使っても最高でもヒアルロン酸部分の10点が増えるだけで残りの別の30点はプラスにはならない訳です。と、なると、コラーゲン配合やケラチン配合など数種類のトリートメントを用意して使えば残りも増えることになります。

例2)毎日180度のコテやアイロンで髪のスタイリングをして、髪のパサつきが気になり始めたBさん

一日一回のヘアアイロンでの熱で1点傷むとしましょう。毎日だと1ヶ月で30点。熱によるダメージが30点、ヘアアイロンの摩擦ダメージが10点で、計40点傷んでるとします。コラーゲンやヒアルロン酸はダメージしてないとしましょう。そうすると、熱ダメージを補修するヒートプロテインやヒートケラチンなど、熱を補修する成分が配合のトリートメントを使うと良いということになります。逆にコラーゲンやヒアルロン酸配合のトリートメントをやっていても、意味がない、ということになる。

例3)1年前に初めて縮毛矯正をかけて、1ヶ月前にもう一度毛先まで全体に縮毛矯正して、縮毛矯正したのに何故か傷んだcさん

一年前は髪の状態100点の段階から縮毛矯正により40減りながらも癖がなくなりストレートを手に入れたcさん。髪は60点になり、そこからまた約一年。根元の伸びてきた部分は100点だけど癖がある。縮毛矯正してた部分はまっすぐだけど60点だからちょっとパサつきが気になる。この状態から、全体に縮毛矯正をやってしまったら、それは傷む訳です。縮毛矯正は40点傷むと仮定してますので、根元は60点でなんとか大丈夫だけど、一回かけてる部分は60点から40点減って、20点になる訳ですから。今回のケースはまず、全体に縮毛したことがそもそもよくなかった。根元だけ縮毛矯正をかけながら、矯正してる部分はケアをしていれば、傷むことはなかったという事になります。

縮毛の施術では、ヒアルロン酸が10点、キューティクルが20点、ケラチンが10点、減ってしまうとするならば、それぞれの点数分補ってあげれば、キレイな状態を持続できるということになります。

 

カラーもパーマも縮毛矯正もしたことないのに、何故か髪が傷んでるDさん

美容室でダメージになるような事もやった事ないし、普段も傷むようなことをやってないはずのDさん。なのに髪が傷んでしまってる。何故でしょう?それは日常生活の中にも傷む原因があるからです。 紫外線、シャンプー、ドライヤー、ヘアアイロン、摩擦、空気の汚れ、静電気、などいろんなところにダメージの原因は隠れています。それぞれでキューティクルが1ずつ傷むとすると1日でも5〜6ぐらいは傷むことになります。そこにキューティクルを補修するトリートメントを使っていればいいけど、そうじゃないトリートメントだと、あまり効果が感じれない。ということになります。

 

あくまで例えばの話で髪はもっと複雑

上の方ではあくまで例えばの話で、点数や傷む部分も補う栄養素ももっと複雑です。

アミノ酸や髪の構造は前回のブログを見てください。髪は様々な要因で、色んな部分が傷んでいきます。1種類だけトリートメントを使うより、3つぐらいのトリートメントを日替わりでまずはやってみてはいかがでしょう?市販のものは補修成分よりも被膜剤ばかり多く含まれるのが多いので、あまりオススメではありませんが、それでも何種類かを使った方が効果的だと思います。