未分類

最近話題の高級ドライヤー、人気だけど、買う価値有るの?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
最近話題の高級ドライヤー、人気だけど、買う価値有るの?

https://hairsalon-school.com/未分類/髪の毛を洋服など別の物に置き換えて傷む理由を/

前回のブログで髪の毛が傷む原因を洋服やたまごに捉えて考えてみました。

それをふまえて、ドライヤーはどんな物を選んだら良いのか考えてみましょう。

個人的なオススメはダイソン

まず結論から言うと、髪の毛を繊維質とタンパク質で考えてみた時に傷む原因が最も少ないのはダイソンのドライヤーが圧倒的に優れていると思います。

https://www.dyson.co.jp/shop/hair-care.aspx?mkwid=s_dt&pcrid=355729576470&pkw=ダイソン%20ドライヤー&pmt=e&utm_source=google&utm_term=ダイソン%20ドライヤー&utm_medium=&utm_campaign=JP_JP_HairCare_Supersonic_Dyson_Exact&utm_content=&gclsrc=aw.ds&ds_rl=1256890&&gclid=Cj0KCQjwgezoBRDNARIsAGzEfe6Fk57z89mvOev3hit6VsBhEq_XQcq8kZVsNCQAzNbqIrb3yWIKnHIaAkrhEALw_wcB

上をクリックするとダイソンの公式ショップにいけると思うのですが、ダイソンのドライヤーは、風量の強さと温度の低さが圧倒的。熱の力で乾かすというよりも風の力で乾かすドライヤー。かなり高価なドライヤーですが、価格なりの価値があるものだと個人的に感じます。他のドライヤーがダメとかではなく、今から髪のダメージのお話を踏まえ書いていきますので、参考にドライヤー選びをしてみてください。髪を乾かすこは毎日やることなので、それだけちょっとの事がダメージには大きく影響してきます。

髪の毛は繊維質なので、摩擦や引っ張る力に弱い。

繊維質なものは摩擦に弱いし、過剰な引っ張られる力にも弱いです。ではまずクルクルドライヤーで乾かしていくことはオススメ出来ません。風も弱く濡れた髪にテンションをかけながら乾かしていくと、髪が摩擦と引っ張られる力で、切れて、チリチリしたけ毛やアホ毛が増える可能性があります。通常のドライヤーで乾かした後、最後にブローする用のドライヤーです。

安い家庭用のドライヤーもあまりオススメはしません。家電量販店で買える3000円台ぐらいのドライヤー。これも風力がかなり弱く、なかなか乾きません。なのでブラシを入れる回数が増えてしまったり、風力で髪を伸ばす力がない分、手やブラシで無理に伸ばすことになり摩擦や引っ張る力で、髪が傷んでしまいます。

髪はタンパク質なので、熱の当てすぎに弱い

前回のブログでも話したように、髪はたまごのようにタンパク質が主成分。高温で焼けば焼くほど固まって硬くなってしまいます。皆さんドライヤーを頭皮から近くした時や、手元が熱いと感じたことはありませんか?もし有るとするなら、そのドライヤーは温度が高すぎる可能性があります。

今使ってるドライヤーをチェックしてみましょう

家庭用の動画ドライヤーのスイッチを見ると、cool、hot、turbo、の三段階設定になってるのが多いと思います。今使ってるドライヤーを確認してみましょう。クール機能。これは当然冷たい風が出ます。ホット機能。これも当然温かい風が出ます。ターボ機能に切り替えた時、どうか確認してもらえればと思います。

①風の強さは変わらないけど、ホットの時より熱くなる。

②風も多少強くなるけど、ホットの時より熱くなる。

③風は強くなるけど、ホットと熱さは変わらない。

④モーターの音だけうるさくなるだけで、別にホットと何も変わらない。

まず①の場合だと風力で水分を飛ばして乾かすというよりも、熱で蒸発させて乾かすとうなイメージになるので髪にはとても負担が大きくなります。できればすぐにでもドライヤーを変える事をオススメします。

次に②の場合。風で水分を飛ばすと同時に熱で蒸発するので、これもやはり、あまりオススメはできません。熱くなる分、髪が硬くなったりしやすいです。できれば買い替えたがいいかと。

次に③の場合だと、風で飛ばす力は強くなって、熱さは変わらないのであれば、乾くスピードも早くなり、熱で硬くなるのも防ぎやすい。そのまま使ってもいいけど、もっと温度が低くて風が強いドライヤーに替えるともっと負担が減る。

④の場合。これはもう論外でしょう。ただ消費電力が上がるだけで、ターボ機能の意味さえなしてません。すぐに買い替えたが良いです。

ご家庭で使ってるドライヤーをチェックしていただいたでしょうか?

ここから傷む原因がわかったところで日々のドライヤーの重要さを数字にしてみてわかりやすくしてみましょう!

ドライヤーによる髪のダメージをポイント数で考える

例えば今のご自身の髪の毛のツヤやハリコシが1000点のポイントだったとします。

家電量販店で買う、風が弱くて熱くなるドライヤーが1回あたり10点分減っていくとしたら、1000÷10=100日で1000点分のツヤやハリコシが失われることになります。

次に家電量販店の安いドライヤーよりは風が強くてそこそこ熱いドライヤーが1回あたり5点減っていくとしたら1000÷5=200日で1000点分ツヤやハリコシを失うことになります。

美容室などでオススメされる、風が強くてちょっと熱いぐらいのドライヤーが1回あたり2点減っていくとしたら1000÷2=500日で1000点分ツヤやハリコシを失うことになります。

さらにハイグレードの高級ドライヤー、風がかなり強く熱くもならないドライヤーが一回あたり1点減っていくとしたら1000÷1=1000日で1000点分ツヤやハリコシを失うことになります。

こうみていくとドライヤーは負担かかるんならドライヤーしないで自然乾燥にしようかな、mなんてことは絶対思っちゃダメですよ。自然乾燥は頭皮も髪も1番負担が大きいですから!

1000÷10=100日

1000÷5=200日

1000÷2=500日

1000÷1=1000日

一回の負担は1〜10と対して変わらなそうにみえるかもしれませんが、100〜1000日と日数にすると大きく違うのがわかると思います。それだけドライヤーは重要なんです

良いドライヤーの選び方

さあ、ここまでお話ししてきたら、どんなドライヤーが良いのかなんとなくわかってきたのではないでしょうか?

風力が強く、温度が低い

これです。

そう考えると、ダイソンは圧倒的にそこの点で優れてるんです。

他にも良いドライヤーはあります。

https://bioprogramming-club.jp/index_repro?gclid=Cj0KCQjwpPHoBRC3ARIsALfx-_Kv3yuiBEHALainxYNiG_GKce2ihIJNhyp3UveaC73h74g7Y1srmQEaAtg_EALw_wcB

知ってらっしゃるかたも多いでしょう。レプロナイザー。風も温度も良し。

https://hairdryer.louvredo.com/

復元ドライヤー。こちらも知名度高いですね。風も温度も良し。

https://item.rakuten.co.jp/matsucame/tsu7879/

あせしらーずドライヤー。こちらの商品も安いけど、なんだか良さげ。私も実際使ってますが、本当に熱くありません。ワット数が高いので電気代がちょっと高くなるのが気になる点。

https://panasonic.jp/hair/

Panasonicナノケアドライヤー。知名度ナンバー1のドライヤーでしょう。一般的に買えるドライヤーとしては風も温度も申し分ないと思います。

http://www.donki.com/j-kakaku/recommend/50.php

ドンキホーテとテスコムの共同開発ドライヤー。ダイソンに負けず劣らずの風量。値段も安いし買ってみる価値あるんじゃないでしょうか?

 

社、ドライヤーには色んな研究があり、付加価値が付いていますが、私が話しているのは、そうゆう付加価値は含まない、

風力が強くて、温度が低い

あくまでこれを基準にお話ししています。

その点の基準でいくと

ダイソンドライヤー

は相当なもの。

風が強い分の使いづらいデメリットや、重量、ワット数、各社色々な付加価値が有るので好みもあると思いますが、

髪が傷む原因からふまえたドライヤー選びの一つの参考にしてみてはいかがでしょう?

 

その他、もっと詳しく話を聞きたい、こうゆうこともブログにしてほしいなどございましたら、

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓