縮毛矯正

縮毛矯正, 髪質改善

定休日は技術の研鑽

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
定休日は技術の研鑽

「いつも休みの日は何されてるんですか?」と、最近お客様から聞かれる事があります。

 
基本的に月に二回〜三回は技術サービス講習などの勉強会に参加させていただいてます╭( ・ㅂ・)و ))) 
 
どの業界もそうだと思いますが、ゴールはありません。追求し続けます!!!美容師としてもっと綺麗にできるんじゃないかな?もっと良いものを提案したい!常にもっと良い方法があるのでは?と思考しています。

今日はいつもより早く起きて、講習道具をもって長州に出発しました( ^ω^ )

天気も晴れてくれたので良かったです♪

朝出発し、お昼に無事講習場所に到着です☆

 
全国には日々、研究し勉強され薬剤を開発する先生素晴らしい知識や技術をもった先生は僅かですがいます。そこで学び勉強した中で自分ができる最高の物をとりいれて研鑽していく。それをお客様に提案し髪が綺麗になっていく事が、僕は嬉しいです( ´ ▽ ` )


※著作権の関係上モザイクさせて頂いてます。

ぼくの中で行動は全てです。好奇心旺盛なので、まずはやってみる。そして、やってみたことを判断していきます。

行動→提案→改善の繰り返しです。

今日も全国の美容師さんが勉強会にきてました。東京、岡山、大分、理容師さんも(๑╹ω╹๑ )ぼくは近いほうでした(´・ω・`)

みなさん勉強熱心なので、そういう仲間といる気合いが入ります!!良い緊張感と空気感で勉強する事で沢山身につきます。

みなさんで、「あれはどうですか?」「これはどうですか?」「これも挑戦したいです!」

など、色々意見や提案し合って、よい情報を交換聞かせて頂きました。

さらに良い事を提案できる様に、また勉強していきたいと思います。

縮毛矯正, 髪質改善

毎朝アイロンでくせを伸ばしてからワックスで押さえてました

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
毎朝アイロンでくせを伸ばしてからワックスで押さえてました

「乾燥と、表面に浮いてくるモワモワした毛が酷く、毎朝アイロンで伸ばしてからスプレーワックスで押さえるのが大変です」とお悩みのM様です。


ご来院の状態です。

今まで色々髪質にこだわっている美容室を探し、こまめにトリートメントを受けていたそうです。

しかし施術おこなったあとは良いけどあまり髪は改善していなかったそうです。年齢的にもう仕方ないのかなと諦めかけていたところ、ネットで当院を見つけて来て頂きました( ´ ▽ ` )

まずはじっくりお話を聴かせて頂いて、髪の悩み普段のケア方法髪の履歴この3つを把握する事が最も大事です。この中に髪の悩みとなる根本的な原因ある事が多いです。

普段のセットはくるくるドライヤーで乾かして、出かけるときはコテで巻いていたそうです。
高温で毎日巻くと髪の毛先はチリチリ、パサパサになる事が多いのでコテは週2〜3回140℃以下で巻いてもらう事にしてもらいました。

ハードスプレーは使い方次第なのですが、毛先に白い点々が残りやすく、チリチリする事例が多いので、使う頻度や洗い方にコツがいります。

髪の履歴は3週間に一度全体にカラーリングとヘアトリートメントを施術してもらっていたそうです。髪の毛は体力に限界があります。

毎回全体染めをすると、いくらトリートメントをしても髪の毛のダメージは進行していきます。
→→髪の体力について←←

初回はまずは髪質改善で髪の体力のつけさせていきました。
M様にも説明させて頂き、1回目髪質改善→2回目髪質改善カラーで髪は体力がついて来ました。

髪に体力がついてもまだ髪がモワモワする事があったので、エイジング毛を抑えるために艶髪ヘアケアプログラムストレートをしました。

優しく優しく髪に薬剤を浸透させていく事でダメージを最小限にしていきます。髪の体力を残す事がとっても大事です。その後髪質改善カラーを行い3月後の状態です↓↓( ^ω^ )

かなり美髪になりました♪( ´▽`)
これからも大切な髪を綺麗な状態でキープできるように施術させて頂きます。

嬉しい口コミも頂きました♪ありがとうございます。
→→こちらご覧ください←←

縮毛矯正

朝5時に起きて長崎県から大名までご来院して頂きました♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
朝5時に起きて長崎県から大名までご来院して頂きました♪

「梅雨に入り、うねうねが気になって毎日のアイロンが大変です…時間がある時は全体にしっかりできるけど20分かかります…」

 とお悩みのTさん。朝5時に起きて長崎県から大名までご来院して頂きました(● ˃̶͈̀ロ˂̶͈́)੭遠くからありがとうございます。

 
Beforeです。

写真で見る限りは、黒髪でなんだかクセがなさそうな感じですが、実際は大きくうねってチリチリした毛がある髪質です。
 スタイリング方法は毎日160℃でアイロンをしているそうですが、時間が経つと元のウネウネに戻ってしまうそうです。
 
カウンセリングでよくお話を聴かせて頂いて、髪の検査をさせていただくと健康的な黒髮の手触りではなく、少しカリカリしてる手触りの状態になっていました。
 3ヶ月前にブリーチを2回してその後に黒染め2回したそうです(T ^ T)

赤色の部分は慎重に施術しないと、キレイに伸びない場合もありますし、かかりすぎると今後パーマも出来なくなります。髪の履歴をちゃんと美容師が把握することが大切です!

 乾かした時に毛先がカリカリしてる状態や、濡らすとネチゃっとなる髪質はかなりダメージしてる場合が多いです
 縮毛矯正やパーマをかける時は事故が起きて、ハイダメージに繋がりやすいので、気をつけてください。


afterです。暗くてわかりずらいので動画もどうぞ↓↓( ^ω^ )

自宅でもSchoolおすすめのヘアケアもセットも使ってもらえるので、キレイな状態がキープ出来ます♪
 次回ご来院される時の髪の状態が楽しみです★

縮毛矯正

縮毛矯正でサラサラ、つやつやになり毎日が楽になりました♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
縮毛矯正でサラサラ、つやつやになり毎日が楽になりました♪

「髪を綺麗に伸ばしていきたいけど、乾燥し傷みもあって、ゴワついた太いクセ毛が悩みです。シャンプーで洗ったあとは髪が広がってしまい、夜ブローして寝ると翌日の朝は落ち着いています。」

普段は髪をまとめることが多く、1週間に2度ほどコテを使ってスタイリングするそうです。
ご来院の状態です↓↓

コテでうまく巻かれてました( ・∇・)

中の方も確認すると↓↓

表面上はわかりにくいですが、中はかなりクセが出てました。


髪を触診すると、黒髪のはずなのに、なんだか違和感がありました( ̄ー ̄ )
施術をする前に一番大事な事はカウンセリングです!!髪を綺麗にしていく為にはとても重要なことになります!

詳しくお話を聴かせていただくと、
・2年前にブリーチをしカラー黒染め
・1年前にハイライトメッシュヘアショウに参加のためブリーチ
・半年前に黒染め

縮毛矯正をかけるとなると、かなりの髪の負担が予想されます。青色の部分はヴァージン毛なので、髪の体力はありますが、黄色赤色の部分はかなり体力が残ってない状態でした。

髪に負担がかかり過ぎないように、慎重に施術させていただきました( *`ω´)
afterです↓↓


髪の体力が残っていたので、綺麗にかかりました♪
これからは髪を大事にしていくそうなので、ヘアケアも使ってくれるそうです( ´ ▽ ` )

※髪を美髪にしていく為には、髪に負担をかけないことが一番の近道です。
ブリーチ&縮毛矯正は髪に負担がかかり過ぎるので気を付けてくださいm(_ _)m

縮毛矯正, 髪質改善

チリチリ、ボサボサ、ダメージの負のスパイラル

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
チリチリ、ボサボサ、ダメージの負のスパイラル

いつも四ヶ月に一度は縮毛矯正をかけているのですが、最近かかりが悪いので毎朝ストレートアイロンを使ってスタイリングしています。何もしないと毛先はチリチリでボサボサになってしまいます…

ご来院の状態です↓↓

美容院スクールはカウセリングをとても大事にしていますので、できる限りご来院時はなるべく髪の毛は、自然な状態で起こし頂いています。
一番悩める状態を確認して髪の状態を診ていきます。
 


青色の部分は伸びてきている髪の毛なので、まだ髪の体力は残っている状態です。

黄色の部分は体力が残ってそうですが、髪が硬くなってきておりカサカサし始めています。

赤色の部分チリチリですね、カラー縮毛矯正の繰り返しと、日々のアイロンでかなりのハイダメージになっています。

ダメージで広がっている髪に毎日アイロンをすると、さらに髪がダメージしアイロンを入れても綺麗になりません。
そして、日々使うアイロンの温度を上昇させることで、また髪に負担がかかってしまいます
(_ _).。ダメージの負のスパイラルになってしまうと、綺麗な髪に戻るまでかなりの時間がかかります。

髪は一度傷んでしまうと、治ることも修復も蘇ることもありません!!!!
傷んだところは切るのが一般的です。

今回は伸ばしているとのことでしたので、髪質改善内部を補強することで髪の体力をアップしました。そして縮毛矯正をかけます。髪質改善をすることで極力ダメージを抑えることができました。

↑↑after
綺麗になりました♪
あとは自宅でのケアも見直していただいて、今後髪質改善していけばもっと綺麗に伸びていきます( ^ω^ )
ダメージの負のスパイラルになる前に真実のヘアケアはお任せください。

縮毛矯正, 髪質改善

縮毛矯正を毎回かけて、毛先が細くなってしまいました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
縮毛矯正を毎回かけて、毛先が細くなってしまいました。

ブローした時に髪が引っかかるし、毛先が薄くなっているのと、うねり、くせ、パサつき、傷みが悩みです。
と、お困りのT様を3ヶ月間担当させて頂きました。

ご来院当時の状態です。
美容院行った際は、うねりや、クセが気になるので毎回縮毛矯正を全体にかけていたそうです( ´Д`)
 

赤色の部分は過度なダメージで、ジリジリになっており、濡らすとフニャフニャな状態で、
黄色の部分は引っかかる毛が多く乾燥してる状態でした。

先ずは艶髪ヘアケアプログラム髪質改善を行い、弱くなってしまった髪を強化することからはじめました。その後クセが気になるところに質感改善のストレートを行い綺麗な艶髪になりました( ◠‿◠ )

三ヶ月間任せていただいた仕上がりです。もちろんブローやアイロン仕上げはせず、乾かした状態です♪
自宅でもヘアケアにこだわっていただいてるので、とても綺麗になりました( ´ ▽ ` )

縮毛矯正

量が多くまとまらず、朝起きるとくせ毛で髪がおろせません

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
量が多くまとまらず、朝起きるとくせ毛で髪がおろせません

量が多くまとまらず、朝起きるとくせ毛で髪がおろせません。いつも結んでいます。
とお悩みのS様のご来院でした。

本当は伸ばしていきたいそうなのですが、根本はうねりが出ていて毛先は1年前にかけた縮毛矯正部分がチリチリになっているので、ショートするか迷われていました。
ご来院の状態ですBefore


毎日全体はアイロンする時間がないので、前髪だけアイロンをしているそうです。

赤い部分が今回の一番のダメージゾーンです
d( ̄  ̄)
繰り返しのカラーと縮毛矯正でチリチリになり枝毛も多くなっています。
艶髪ヘアケアプログラムストレートで質感改善を行いました!!!
after



乾かしただけの状態です( ^∀^)
質感改善でかなり綺麗になりました!S様も「めっちゃサラサラ〜♪」と喜んでもらえました!
あとは自宅でのケア方法変えていただくお約束をしていただきました。ホームケアを見直すことで、美容院の仕上がりが自宅でも持続できます。

縮毛矯正

まっすぐになりすぎない縮毛矯正

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
まっすぐになりすぎない縮毛矯正

まっすぐになりすぎない縮毛矯正
以前くせ毛が気になって縮毛矯正をかけたら、全体的にペタッとしすぎて、コケシみたいと周りから言われました。まっすぐになりすぎないナチュラルな縮毛矯正はできますか?
school(スクール)にお越しいただくお客様は、本当に良いナチュラルなストレートの仕上がりを探してご来店頂きます。

カウセリングを徹底して行い、技術者もお客様の好きな質感や嫌いな質感を細かくヒアリングしていきます。
縮毛矯正という特殊技術

縮毛矯正は今は誰しも一度は聞いた事のあるメジャーなメニューとなりましたが、高温アイロンの使用が可能になったのは今からまだ10年ほど前です。
美容室の他の技術と比べると、
まだまだ歴史は浅く そして一部の方のみ必要とされる技術なので美容師にとっても特殊な技術になります。

school(スクール)では

お客様のほとんどがくせ毛やうねりで、お困りの方のためほぼ毎日縮毛矯正をしていますが、一般的な美容室では梅雨時期などでない限り縮毛矯正のお客様は数える程度となります。

今までクセが伸びなかった…毛先がチリチリになった…
縮毛矯正は美容室のメニューの中でも1.2番を争う、ヘアダメージの多いメニューになるので美容師さんによっては失敗してしまう可能性もかなりあります。

お客様の掛け持ち美容室のやり方では、手伝ってくれるアシスタントに任せきりで髪質診断ができず失敗してしまう場合も。
当店ではマンツーマンで薬剤塗布、アイロンワークを技術者が全て行います。
ご希望の質感を作るためのオーダーメイドの薬剤を調合
ビフォー アフター
仕上がりも完璧にしたいため、school(スクール)では使用する薬剤は全てオーダーメイドで調合します。
柔らかい質感、ナチュラルなストレートはもちろん、お客様のご希望の仕上がりを作っていく事ができます。

乾かすだけで、仕上がりは誰もが憧れるツヤやかな髪質に。
質感を作るためにオイルトリートメントは一切必要ありません。

ぜひschool(スクール)にあなたの大切な髪をお任せください。

縮毛矯正

縮毛矯正(ストレートパーマ)後に髪をキレイに保つ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
縮毛矯正(ストレートパーマ)後に髪をキレイに保つ

髪が太くてくせ毛で4ヶ月前に縮毛矯正をかけました。今はとれてきてまた近々かけに行く予定です。縮毛矯正を長続きする方法、綺麗に保つ方法を教えてください。

従来のヘアケアは間違っている

従来のヘアケアは間違いだらけです。まずはそれを正しく認識する事が大切になります。
知識がつくと何をすればよいか分かってきます。

髪の傷みやダメージはトリートメントでは治らない

一度傷んでしまった髪の毛はトリートメントをしても治りません。髪の毛は死滅細胞と言われすでに死んでいる細胞になります。
髪は毛穴から出てきたその瞬間から負荷がかかり傷み続けるだけなのです。
間違ったトリートメントをすると逆に髪の毛を傷めているという原因にもなります。

髪の毛の呼吸困難

市販のトリートメントや、間違ったサロントリートメントは、水分や油分のコントロールが出来なくなってしまい、キューティクルも大きくしてしまいパサつきや広がりは増大してしまいます。
ホームケアは縮毛矯正に限らず、薬剤を使用する美容室メニューした場合はとても重要になります。

薬剤を使用すると髪の毛に微量に残留します。これは美容室で後処理と呼ばれる残留除去剤を使っても完全に外に出すことは出来ません。

縮毛矯正の施術後に家で使っていくシャンプーには、そのダメージの元となる残留物を少しでも早く外に出し、傷みを予防する役割がある物を使う必要があります。

市販シャンプートリートメント、間違ったサロントリートメントは髪に強力に皮膜形成をするので、残留物を外に出すどころか、髪の中に留めてしまいダメージの原因になります。

縮毛矯正をかけた場合、艶やかな美髪を維持するには、縮毛矯正をしてくれる美容師さんの技術力とそれに適したシャンプートリートメント選びが必要になります。

縮毛矯正

縮毛矯正(ストレートパーマ)で、根元が折れている

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

この間縮毛矯正をかけました。しばらく経って髪の毛の根元部分が不自然とパキッと折れてしまっています。
根元折れの原因

根元が折れる原因は大きく分けて二つになります。

一つ目は縮毛矯正をかける時に一番最初に塗布する薬剤を頭皮までべったりと付けてしまったケースです。通常縮毛矯正は根元を5mm〜1cmほど頭皮から離して薬剤を塗布します。
これは根元が折れる原因と、薬剤が強いので直接頭皮に付けると頭皮にも悪影響になります。
二つ目はアイロンの操作ミスで根元を折り曲げてアイロンをしてしまうケースです。通常縮毛矯正のアイロン操作は頭皮に対して90度でプレスしていくのですが、それよりも角度が低くかったりすると根元が折れる原因になります。

根元折れで断毛のリスク

縮毛矯正の失敗根元折れをしてしまうと、そのパキッと折れてしまった部分から髪の毛が切れてしまう事もあります。
根元折れの修正が必要になります。
しかし、根元折れを修正するときは、縮毛矯正と同じプロセスを施していくので根元折れが頭皮に近すぎると、しっかりとアイロンをいれることが難しいので少し根元が伸びて余裕ができるまでは期間を置かなければなりません。
美容師の技術不足から起きる

美容師の技術不足から起きてしまう失敗は残念ながら多くあります。
とくに、school(スクール)には髪をダメージさせてしまったり、髪に悩みが多いお客様がご来店されるので、このようなご相談は毎日のように聞かせていただきます。

スクールでは、起きなくてよい事態や事故は起こさないように徹底しています。